米寿のお祝いには黄色のプレゼントを贈ろう!

米寿と黄色と

米寿と黄色と

米寿プレゼントに最適なものとは何なのか、悩まれる方は少なくありません。迷った時には、米寿のテーマカラーを取り入れたプレゼントを検討してみるのも一つの手です。

今回は、米寿プレゼントに最適なものとはどのようなものか、人気の米寿プレゼントと合わせてご紹介します。

 

米寿プレゼントに最適なものは?

88歳のお祝いに最適なものとは?

人生の節目となる年には、様々なお祝いがありますよね。特に、還暦である満60歳を迎えたあとは、「年祝い」という長寿祝いがあります。61歳の還暦から始まり、70歳の古希、77歳の喜寿・・と続きます。その中で、88歳のお祝いにあたるのが「米寿」です。

米寿とは米という字をくずすと八十八と読めることに由来しています。さらにこの「八」という漢字は「末広がり」で昔から縁起のよい数字だと言われています。

長寿のお祝いには、それぞれテーマカラーがあります。還暦の赤色は有名ですが、米寿は果たして何色なのでしょうか?

米寿のお祝いのテーマカラーは、黄色、または金茶の色となっており、それらのカラーをプレゼントなどに取り入れることで、より「米寿祝い」らしくお祝いすることができます。

テーマカラーが入った米寿プレゼントは縁起が良く、これからの長寿を願う気持ちを表すことができます。

色は分かったけど、肝心の品物は何が良いのか・・・。米寿祝いのプレゼントはどんなものを贈ればいいのか、そこが気になりますよね。

 

黄色を意識した人気の米寿プレゼント

黄色を意識した人気の米寿プレゼント

ここからは、黄色を意識した人気の米寿プレゼントをいくつかご紹介します。

詩や似顔絵が描かれたもの

近年、名前の入った詩や似顔絵などが人気です。名前詩(唄)は、文章のなかに名前が組み込まれた詩のこと。ギフト専門店や個人のクリエイターなどが手掛けており、インターネットから簡単に依頼することも可能です。まさに世界に一つだけのオリジナルの贈り物であり、似顔絵を添えてくれるお店もあります

似顔絵は写真通りそっくりに描いてもらうことができ、服装を変えて黄色のちゃんちゃんこを着た似顔絵を描いてもらうこともお店によっては可能です。

お祝いや感謝の気持ち、これからを願う気持ちが詩にこもった贈り物。インターネットで検索すれば、人気のショップなどを見つけることができますので、予算やデザインの雰囲気などから選んでみましょう。

黄色のちゃんちゃんこ

黄色のちゃんちゃんこ

還暦では、満60歳で赤いちゃんちゃんこを贈る習慣がありますよね。米寿のテーマカラーは黄色ですので、こちらのプレゼントは古くから伝わる定番ともいえます。

ただ、還暦=赤いちゃんちゃんこというイメージが強いため、カラーを変えるだけではあまり大きなサプライズにならないですし、できる限り他の長寿祝いと被らないようなプレゼントを選ぶようにしたいですよね。

黄色のちゃんちゃんこは記念撮影用に用意するものとして、別にちょっとした贈り物を用意すると喜ばれるかもしれません

お酒

お酒好きな方にはお酒のプレゼントなども根強い人気があります。米寿のお祝いらしく、ただのお酒ではなくて、名前やメッセージをいれた名入れ酒を贈る方が多いです

名入れ酒は、ボトルに彫刻を施したりラベルに名前などを印字したりしてくれるサービスです。インターネットの様々なお店で、オリジナルオプションとして設けられている場合があります。

また、長寿祝い専門店では、米寿祝いのテーマカラーに応じて黄色の瓶にお酒を詰め、黄色の高級風呂敷にまとめてくれる、といったサービスがあるお店もあります。黄色の色味をプレゼントに入れたいという場合には、おすすめの贈り物です。

長寿を祈念する米寿ボトル!米寿祝いにふさわしいお酒の選び方!

名前の入った湯呑み

米寿祝いにおそろいのお湯のみ

名前の入った湯のみなども、普段よく使うものですので、実用性があるものとして喜ばれるでしょう。

もちろんガラスのコップなどよりも陶器で丁寧に作られた温かみのあるものの方がおすすめです。地域によりそこだけのしきたりもあったりするので事前に調べておくことも大切なことです。

また夫婦で米寿をお迎えになるのでしたら、お揃いの湯のみ、お揃いのお茶碗、などペアでプレゼントすればとても喜んでいただけると思います。

カラーは赤や青、黄色など豊富にありますので、米寿の方の好みに応じて選びましょう。

フラワーギフト・花

月並みですが胡蝶蘭や88本の薔薇もいかがでしょうか。胡蝶蘭は縁起の良い花言葉「幸福が飛んでくる」を持ち、88本のバラは米寿の年齢に沿っているためサプライズ感を演出することができます。

また、米寿のカラーに合わせて黄色やオレンジといった明るい色味の花束を贈るのもおすすめ。

お花はどの長寿祝いでも人気が高く、特にプリザーブドフラワーにすると面倒な手入れもいらず、長くきれいな状態を保てるためおすすめです。

米寿を迎える方の中には、介護や療養が必要な方もいらっしゃいます。実用的なものを贈ることが難しい、あるいは食事に制限があって食事会を開くのが難しいなどの理由がある場合も、お花のプレゼントなら問題ないでしょう。困った時には、フラワーギフトを選んでみてはいかがでしょうか。

 

黄色のメッセージで米寿をお祝いしよう

黄色のメッセージで88歳をお祝いしよう

米寿のテーマカラー黄色を意識したプレゼントを見ていきました。米寿らしい、特別なプレゼントがたくさんあることがわかりましたね。

ただ、モノによっては値段が高くなってしまうので、家族で話し合って、お金を出し合ってプレゼントするのもいかがでしょうか?なによりも、大切なのは米寿を迎える方をお祝いする気持ちです。

もっと長生きしてくださいという気持ちの籠ったプレゼントならきっとよろこばれるでしょう

必ずしも黄色にこだわらなくてOK

ここまで、米寿のテーマカラーである黄色のアイテムをご紹介してきましたが、必ずしも黄色のものを贈らなければならないという決まりはありません。

大事なのは米寿を迎える方の好みや気持ちです。黄色が苦手な方もいるかもしれませんし、米寿に黄色のものをもらうこと自体が「年寄り扱いされた」と感じる人も少なからずいらっしゃるようです。

黄色は前面に押し出さなくても、商品のデザインの一部にもしくは、ラッピングや包装に取り入れられているといったさりげないものを贈るのもおすすめです。縁起の良い黄色のメッセージで米寿をお祝いしましょう。

米寿祝いに人気商品とは?米寿プレゼントの選び方やおすすめの品!

米寿のお祝いは思い出の残るサプライズギフトを!

米寿祝いに思い出を

米寿祝いに思い出とサプライズ

米寿のお祝いは一生に一度きりのもの。いつもとは違った特別な演出やサプライズで米寿の方に喜んでもらいたいですよね。ただ、米寿にはどのようなサプライズが喜ばれるのかいまいち思い浮かばないという方も多いです。

そこで、今回は米寿祝いにサプライズ感を演出できるプレゼントをご紹介します。

 

米寿祝いにサプライズ感を取り入れたプレゼントを!

88歳のお祝いにサプライズ感を取り入れたプレゼントを

人生のお祝い事というと「誕生日のお祝い」、銀婚式や真珠婚式などの「結婚記念のお祝い」、そして長寿祝いである「年祝い」等があります。

昨今平均寿命が80歳を超えていることもあり、日本は世界有数の長寿国となっています。超高齢化社会を迎え、日本人の5分の1が65歳以上という社会になっていますので、長寿祝いをする・される機会自体も多くなっているようです。

その「年祝い」ですが、(数え年で)61歳のお祝いである還暦、77歳のお祝い喜寿など様々な種類がありますが、その中で「米寿」はというと88歳のお祝いです。

61歳の還暦ではまだまだ長寿というイメージがわかないかもしれません。しかし、88歳となると、平均寿命を越えた長生きというイメージがわきますので、この「米寿」という特別なお祝いごとの際には、思い出深い物をプレゼントしたいものですね。

そのために、スペシャル感のあるお祝いにして、サプライズ感を取り入れたプレゼントを用意することができると効果的と言えます。

 

米寿プレゼントでサプライズ感を演出するには

米寿祝いの思い出をフォトフレームに

米寿のプレゼントとしてサプライズ感を演出したい場合には、高価なプレゼントを用意するというのも一つの考え方。でも、高額なプレゼントでなくても、プレゼントする相手のことを考えた選び方をすると、受け取る方の驚きや感動というのは結構変わってくるものです

名入れのフォトフレームに思い出の写真を入れる

例えば、フォトフレームはいかがでしょうか。感謝の気持ちなどのメッセージと名前を入れることができるガラス彫刻フレームというものがあります。これであれば、見た目の美しさもさることながら、名前の効果もあり、かなりサプライズ感があるプレゼントだと言えるでしょう

米寿のお祝いをする際には、記念撮影をすることもあるでしょう。フォトフレームであれば、その時に撮った写真を入れることができますから、さらに喜びが増して幸せな気持ちになれるものです。

手作りのフォトアルバムを贈る

手作りのフォトアルバム

手作りのフォトアルバムを贈るのもおすすめ。アルバム自体は100均やホームセンターなどで購入することができ、そちらにお孫さんたちと一緒に飾りつけをしたり、写真の一枚一枚にコメントを付けたりすると心のこもった贈り物になります

アルバムを作るなら、米寿を迎える方が生まれて成長し、結婚して子供が生まれるまでの写真、家族の思い出の写真などこれまでの人生を振り返ることができるものを入れると楽しんでもらえるでしょう。

記念日新聞を贈る

思い出のプレゼントとして、生まれた年の記念日新聞や結婚記念日の新聞、子供が生まれた年の新聞などもおすすめ。特に、生まれた年の新聞は貴重なので新聞を見て驚かれる方は多いです。

激動の時代を生きた米寿を迎える方々ですが、生まれた日に何があったのか知ることで新たな感動もあるでしょう。「こんなことがあったな」と当時のことを思い出してもらうことができます。

そして、記念日新聞は家族も一緒に読んで楽しむことができ、新聞を読みながら米寿の方が中心となって家族で会話をするのも素敵な時間です。

実は、長寿祝いのギフトとして記念日新聞は人気が高まっています。長い時間を生きてきた人にとって、生まれた頃の出来事を知り、思い出すことは到底短時間ではおさまりきらないほど。誰もが様々な経験をなさったことでしょう。

きっと、記念日新聞をプレゼントすると、米寿のお祝いが終わったあとも大事に眺めてもらえると思います。

記念日新聞はインターネットで検索すると取り扱っている会社を見つけることができます。中には、名入れのお酒に添えてくれるお店もあります。お酒好きの方にお酒を贈ろうと思っている方は、記念日新聞も添えて特別感を演出してみてはいかがでしょうか。

米寿祝いに88年前の記念日新聞を!思い出を振り返るサプライズプレゼント!

手紙やメッセージを添える

手紙やメッセージカードを添える

プレゼントを渡す際には、日頃の思っている感謝の気持ちやメッセージなどを書いた手紙、またはメッセージカードなどをつけるとさらに特別なギフトにすることができます

両親や祖父母に向けて素直な気持ちを手紙などで伝えることがなかなかないという方は少なくなく、受け取った側としても感動や喜びが大きくなります。ギフト用のプレゼントを購入すると、メッセージカードが添付されている場合もありますが、できれば手書きで添えたいところ。

一生に一度きりの米寿のお祝いです。恥ずかしくてふだん口にできない言葉を、心を込めて綴ってみてはいかがでしょうか。

「いつもお父さん・お母さんありがとう」「これからも元気でいてね」など気持ちのこもったメッセージで大切な方の米寿をお祝いしましょう。

米寿祝いに贈るメッセージ例文集はこちら

 

米寿の特別なプレゼント選びにはインターネットが便利

特別なプレゼント選びにはインターネットが便利

このように、米寿のお祝いとして何かプレゼントをあげる時には、記念日として心に残る、想いが伝わるものを選ぶというのも良いものです。

ちなみに、記憶にも残り記念にもなる特別なプレゼントは、インターネットで探すといろいろなショップや商品が見つかりますし、身近なお店で材料を揃えて用意することもできます。

ネットショップには、長寿祝いに特化した専門店がいろいろとありますし人気の商品などもすぐわかるので、選ぶ手間も減らすことができ一石二鳥です。

今回ご紹介した、米寿にふさわしいサプライズ感のあるギフトは、あまり予算をかけなくても用意できるものも多いです。大切なのは、米寿を迎える方へのお祝いする気持ちと、これからの健康を願う気持ちです。ぜひ、心のこもったサプライズ感のあるプレゼントを検討してみてくださいね。

米寿のお祝いプレゼントと選び方!特別な瞬間に最適なプレゼントを贈ろう

もらって嬉しい米寿祝いのギフトとは?外さない選び方とおすすめ

米寿祝いのギフト

米寿祝いのギフト

大切な方への米寿祝いギフト。どのようなものが喜ばれるのか頭を悩ませる方は多いもの。いつもの誕生日と同じようなプレゼントだと被る可能性があり、特別感を演出しづらく、プレゼント選びに慣れている方でも頭を悩ませるかもしれません。

まず、米寿祝いのギフト選びのコツとしては、長寿のお祝いということを意識したギフトを選ぶのをおすすめします。

今回は、米寿祝いギフトの選び方や人気の米寿祝いギフトをご紹介します。

 

米寿祝いギフトの選び方

88歳のお祝いギフトの選び方

長寿祝いは、日本独自にできたものと思っている方もいるようですが、実は中国の風習を取り入れたものです。中国の儒教に長寿を尊ぶという思想があり、それが平安時代に日本に伝わりました。

そして今では、還暦・古希・傘寿・・など61歳から様々な長寿祝いの慣例が受け継がれています。ちなみに、77歳の喜寿に関しては、日本発祥の長寿祝いだと言われています。

そのなかでも米寿は88歳のお祝いになります。この年齢になったのは「八十八」を組み合わせると米の文字になることが由来です。数ある長寿祝いのなかでも、とりわけ米寿は特別なものと感じる人が多いようです。その理由のひとつとして、88歳という年齢が日本の平均寿命を超えていることがあげられます。

還暦には赤いちゃんちゃんこなど赤いものを贈るしきたりがありますが、米寿には金茶色のものを贈るのが一般的です。金茶色の衣類や日用品を贈ったり、お米に関する商品を贈る人もいます。

いずれにせよ、長寿を喜び、尊敬を表現し、健康を願うものです。好きな物には個人差がありますので、金茶色の物やお米に関するものにこだわらず、本人が喜ぶものを優先して選ぶ方が良いでしょう。

事前に、好きな物、欲しいものを聞いておくのも良いかもしれません。

 

米寿祝いで人気のギフト5選

88歳のお祝いで人気のギフト5選

実際に米寿祝いで喜ばれている人気のギフトを5つご紹介します。

黄色のちゃんちゃんこ

米寿祝いの会には金茶色のものを身に着けることがあります。そのため、黄色のちゃんちゃんこを贈る人も多いです。黄色のちゃんちゃんこは、防寒着としても活躍します。

ただ、還暦の際に赤いちゃんちゃんこをあげている方も多いと思いますので、色違いのちゃんちゃんこをもらうよりも、違うプレゼントをチョイスするのはいかがでしょうか。

黄色のちゃんちゃんこは米寿祝い当日には家族との記念撮影時に着用してもらう程度にとどめて、別に手紙やメッセージカード、お花といった別のプレゼントを贈りましょう。

また、赤いちゃんちゃんこは着たくないという人もいるように、黄色のちゃんちゃんこに関しても同様の意見を持っている人もいます。「年寄り扱いされたくない」と強く思っている人や、黄色のちゃんちゃんこは普段着ることがないなど、様々な意見があるでしょうから、あくまで本人の希望を優先されることをおすすめします。

胡蝶蘭・プリザーブドフラワー

米寿のお祝いに胡蝶蘭

お花は、胡蝶蘭や、プリザーブドフラワーが人気です。胡蝶蘭はお祝いの席でよく贈られる高級花。

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」で、昔から縁起の良いお花として知られています。よく、会社がオープンした時のお祝いなどにも選ばれていますよね。手入れも簡単で、生命力も強いため長いものだと2か月近く咲き続けます。まさに米寿のお祝いにぴったりなお花ですね。

そしてプリザーブドフラワーはというと、生花と違い数年間持ちますし、手入れも全く必要ありません。お酒もお花も、普段購入しないような、少し高級なものを贈る方がより喜ばれるでしょう。

名入れギフト

名前の入った詩や名入れ酒は、お店に頼んで作ってもらうことができます。特にネットショップではそのような名入れの商品を売っているお店がいろいろとあります。

本人の名前を使ったオリジナルになるので、世界にたった一つの特別なプレゼントということで、とても思い出に残る贈り物になるでしょう

そのような特別感を演出することが長寿祝いのプレゼント選びの際重要視したいポイントになります。名前詩や名入れ酒のほか、名入れの湯呑みや食器、フォトフレーム、置時計といった贈り物も米寿祝いには人気です。

米寿祝いに名前を入れてサプライズ!その人だけの特別な贈り物をしよう

座布団

座布団

米寿祝いには体を気遣う贈り物も人気です。例えば、腰の負担を減らしてほしいという願いから黄色の厚手の座布団を選ばれる方も多くいらっしゃいます。座布団はちゃんちゃんこ同様、定番の長寿祝いギフトです。

88歳という年齢から立ったり座ったりという動作は負担になるという方は多いです。そのようなときに、軽くて持ち運びやすい厚手の座布団があれば負担を軽減することができます。

通常の黄色の座布団でも喜ばれますが、鶴や亀といった縁起の良いデザインが施されているものや、高級な素材が使われているものだとより特別感を演出することができるでしょう。

ぬいぐるみ

米寿祝いに可愛らしい動物のぬいぐるみを贈るのも人気。普通のぬいぐるみでも良いのですが、オルゴール付きのものやメッセージを寄せ書きできるぬいぐるみがおすすめです。場が華やかになるので、特に家族と離れて暮らしているおじいちゃんやおばあちゃんに喜ばれる傾向にあります。

また、米寿祝いに本人にちゃんちゃんこを着てもらうのではなく、ちゃんちゃんこを着用したぬいぐるみを贈るのも一つの手です。近年ではお孫さんなどが書いた絵をぬいぐるみにしてくれるサービスも人気を集めています。

ぬいぐるみのサイズ感は商品によって異なりますので、米寿の方の好みや部屋の雰囲気、飾る場所などに応じて選んでみましょう。

長寿祝いは記念に残るものもプラスしよう

ここまで、米寿に喜ばれるギフトについてご紹介しました。どんなプレゼントであっても、大切なのは米寿を迎えた方へのお祝いの気持ちです。

日頃の感謝や、これからの健康を祈る気持ちは、せっかくの機会ですから素直に伝えましょう。メッセージカードやビデオレター、プレゼントを渡す際に言葉で伝えるなど手段は何でもOK。特にメッセージカードやビデオレターは何度でも眺めることができるためおすすめです。

人気の米寿祝いはコレがお薦め!お祝いにピッタリのプレゼント

米寿祝いに名前を入れてサプライズ!その人だけの特別な贈り物をしよう

米寿祝いに感謝の気持ちを伝える

米寿祝いに感謝の気持ちを伝える

米寿祝いのプレゼントは、一生に一度のお祝いにふさわしい特別なものを贈りたいですよね。そこで、おすすめなのが、米寿を迎える方の名前を入れたギフトです。名前の入った贈り物はシンプルながら、世界に二つとないその人だけの特別な贈り物になります。

今回は、名入れにおすすめのアイテムや米寿祝いに名入れギフトを贈る方法をご紹介します。

 

米寿祝いプレゼントに名前を入れてサプライズ!

88歳のお祝いに名前入りのギフトを贈ろう

日頃からお世話になっている祖父や祖母。小さいころからずっと可愛がってくれて見守ってくれた大好きな祖父母に感謝の気持ちを伝えたいけれど、面と向かってお礼を伝えるのは恥ずかしいし、何かプレゼントを渡してもいまいち実感がわかないかもしれないと感じている人は沢山いるでしょう。

そんな方におすすめしたいサプライズが、米寿のお祝いの品に名前を入れてプレゼントすることです。米寿というのは日本の年祝いで、数えで88歳のお祝いになります。

米寿のお祝いには、家族や親せきが集まり盛大にお祝いしてあげるのが一般的で、自宅や近場の食事処で食事会を開くケースが多いようです。米寿を迎える方の状態によっては、旅行などを選ぶ人もいます。

長寿祝いでは、食事会をする場合であってもプレゼントを用意するのが通例です。そこで悩むのが、プレゼント選びですよね。ケーキや日用品などを手渡しても、自分用だと解釈してもらえない可能性が高いですが、祖父や祖母の名前入りをプレゼントすると、個人に使用してもらうという意味合いが大きいですし、喜んでもらえます。

名入れギフトを選ぶメリット

名前入りのギフトをもらうと、たとえありきたりなものであっても、自分だけの特別なもののように思えますよね。

長寿祝いのために用意されたものなら、その気持ちはさらに強まることでしょう。「自分のためのものを、わざわざ作ってもらえた」という満足感が得られる点が大きな魅力です。

 

実用品に名入れしてプレゼント

米寿祝いに趣味に関連するプレゼント

プレゼントの品物は食べ物でも日用品や電気製品でも何でも構いませんが、できれば普段から使ってもらえるようなものをプレゼントすると良いかもしれません。

米寿というと88歳になりますので、もうこの歳になると何かしら体に不具合がでている方も多いと思います。足腰も弱くなってきますので、マッサージ用品などをプレゼントすると喜ばれるでしょう。

趣味アイテムの名入れギフト

 

また最近は、ゲートボールやグランドゴルフ、ウォーキングなどを趣味にしている方が多いようです。

シニア向けの運動メニューを実施するジムやサークルもあり、活動的な方もいるでしょう。

ちなみにゲートボールよりもグラウンドゴルフの人口が昨今増えており、友達から話を聞いていてちょっと興味があるという方も結構いらっしゃるようです。

そのようなスポーツを既に始めている方にも、これから始めたいと思っている方にも、趣味で使う品物に名前を入れてもらうと便利です。

ゴルフパッドなどは名前入りで手渡すと、複数人数で遊んだ時にも誰の物か分かりやすいというメリットもありますし、間違って他人の物を持って帰ってきてしまったということがなくなりますので非常に合理的なサプライズといえるでしょう。

運動を習慣にしている方には、名前入りのトレーニングウェアやスポーツバッグも良いかもしれませんね。

余談になりますが、筆者の祖父母は85歳で、二人ともグラウンドゴルフの愛好者です。二人の話を聞いていると、十数人で毎日プレーする際によく他人のボールやマーカーを間違ってもってかえったりするようです。

クラブを間違えることはそんなに多くはないようですが、やはり全ての道具に自分の名前をいれておくのはすごく大事なことだそうで、そうすることで愛着もわくようです。(笑)

ですので名入れしてある道具をもらうのはすごく嬉しいと聞いています。ぜひこういう話もあるということで参考にしていただけたらと思います。

インドア派に贈りたい名入れギフト

スポーツしたりすることが苦手な方にも、実用性の高い名入れギフトはたくさんあります。

例えば、お茶碗やお湯のみ、お酒など、いつも食卓に欠かせないものの中にも、名入れサービスを実施しているお店があるためインターネット等で探してみてはいかがでしょうか。

 

米寿祝いに名入れギフトを贈る方法

88歳のお祝いに名入れギフトを贈る方法

米寿祝いに名入れギフトは特に人気を集めていますが、名前の入ったアイテムはどこで手に入るのでしょうか。実店舗で探そうとすると時間がなかったり、取扱商品が少なかったり、商品によっては名入れできなかったりする場合もありますよね。

おすすめなのがインターネットのお店を利用すること。例えば、「ゴルフボール 名入れ」「お酒 名入れ」など、アイテム名+名入れと検索すると人気の商品やおすすめの商品を比較しながら見ることができます

インターネットのショップでは名入れを無料でサービスしているところが多く、贈答用のラッピングやメッセージカードも無料で準備してくれるお店もあります。

また、商品によっては名前のほか、メッセージや似顔絵、手書きのイラストなどを入れてもらうことができるので、まさに世界に一つだけのオリジナルギフトになります。

米寿の方が生活の中で使う機会が多い湯呑みや食器、置時計、お酒、趣味に関するものなどに名前を入れて、その人のためだけの特別な贈り物をしましょう。

米寿祝いの定番プレゼント。世界でひとつの名入れラベル

米寿のお祝いで目指せ100歳!長寿や健康を願ってお祝いしよう!

米寿のお祝いに

米寿のお祝いに

日本には人生の節目ごとに長寿をお祝いする習慣があります。88歳を迎える方のお祝いは、米寿祝いと呼ばれています。米寿などの長寿祝いでは、これからのさらなる長寿や健康を願ってお祝いします。

88歳といえば長寿と呼ぶにふさわしい年齢になっていますが、現代では90歳、100歳とさらに長生きしている方が多くいらっしゃいます。米寿祝いの後も百寿の100歳を目指しさらに長生きしてもらえるように願いたいものです

今回は、米寿のお祝いとはどのようなものなのか、お祝いの方法やイメージカラー、プレゼントの内容などに触れご紹介していきます。

 

年祝いの慣例が広まったのはなぜ?

年祝いの慣例が広まったのはなぜ?

日本では古来より、ある特定の年齢に達するとそれを祝い、更なる健康と長寿を願って宴を開くことが慣習として伝えられてきました。その慣例は「年祝い」と呼ばれますが、もともとは中国から伝わったものが日本独自にアレンジされて今に至ります。

そこでなぜそういう長寿のお祝いが広まったのか、ということが気になりますね。それは江戸時代の人たちの平均寿命を見てもわかるのですが、だいたい50歳ほどしか生きられないような時代でしたので、60歳以上まで生きているということは本当に珍しいことだったのです。

ですので、長寿をお祝いすると共に祝う周りの者も長寿にあやかりみんな健康で長生きできるようにと願う行事が、「年祝い」として現代まで脈々と受け継がれています

 

年祝いの一つ米寿祝いについて

年祝いの一つ88歳のお祝いとは

「年祝い」には様々なものがあるのですが、中でも60歳を迎えた際の還暦が最も有名で親しみがあるのではないでしょうか。他にも知名度があるものとして米寿が挙げられます。

米寿とは88歳を迎えた人をお祝いする行事で、米という漢字を分解すると八十八に分けられることから名づけられました。また、昔から八という感じは末広がりで縁起が良いとされ、その八が二つ重なっている米寿は特にめでたい年齢として盛大にお祝いされてきたのです。

2018のデータによると、女性の平均寿命は87.32歳、男性の平均寿命は81.25歳となりました。まぎれもなく、日本は世界有数の長寿国ですね。米寿のお祝いの前は、80歳の時に行う傘寿があります。米寿は、平均寿命を越えて行う最初の長寿祝いなので、より一層おめでたいと大切に考える人も多いようです。

一般的に、米寿は数え年で数えます。数え年とは、生まれた年を1才として元旦が来るごとに1つずつ歳を重ねるという考え方です。

つまり、0歳の赤ちゃんでも1歳ということになり、誕生日で考える満年齢より1才上になることがほとんどです。

このため数え年で88歳というと、実際は87歳で迎えることになります。ただ、近年では数え年の考え方を意識し過ぎずに満年齢88歳でお祝いされる家庭も多くなっています。米寿を迎えられる方の気持ちやその地域の慣例にもよりますので、家族と相談しながらお祝いの時期を決定しましょう。

 

米寿祝いのテーマカラーとプレゼントの内容

米寿のお祝いは数え年

還暦のお祝いと言えば赤いちゃんちゃんこが有名で、赤いものを贈るしきたりがありますが、米寿の場合は金色や黄色がイメージカラーになります。

還暦の時と同様ちゃんちゃんこなどをプレゼントする方も多いのですが、昨今は「本人の好きなものを贈る」というのが重要視されており、必ずこれを贈らなければならないという決まりはありません。

例えば、お酒が好きな方にはよく飲まれるお酒を、お茶が好きな方には湯呑みやお茶菓子を、散歩が趣味の方にはウォーキングシューズや万歩計を、というように米寿の方の好みやライフスタイル、趣味に応じて贈るものを選ぶことができます。プレゼントのカラーについては、ご本人の好きな色でも良いですし、デザインの一部もしくはラッピングとして黄色や金色が用いられているものを選ぶのも良いでしょう。

いつも米寿の方が何を楽しんでいらっしゃるのか、何をよく飲まれているのか、何色が好きなのかなど、習慣や趣味嗜好をリサーチしておきましょう。

また、ちゃんちゃんこなどはあまり着る機会もないという場合は、扇子や座布団などの日用品を贈っても良いでしょう。また、地域によっては米寿にちなんでお米を贈るという所もあります。

そして、プレゼントをあげる際は手紙・メッセージカードなどを一緒に渡すと気持ちが伝わり素敵な米寿祝いになりますよ。

名入れギフトもおすすめ

近年では、長寿祝いのプレゼントに名前やメッセージなどを入れて贈るサービスが盛んです。長寿祝いギフトの専門店や、各業者、クリエイターなどが、さまざまなアイテムに長寿祝いにふさわしいオリジナリティあふれる名入れを施してくれます。

名入れギフトは、お酒や食器、筆記具、ゴルフクラブなどの趣味のものなどたくさんあり、自分の名前が入ったプレゼントを貰うと、きっと満足度も高くなるでしょう。

米寿のお祝いには黄色のプレゼントを贈ろう!

米寿祝いに避けたい贈り物

88歳のお祝いに避けたい贈り物

中には米寿祝いに避けたい贈り物というのもありますので、注意が必要です。

不祝儀に用いられることが多いお茶や刃物や櫛(4と9が縁起の悪い数字なため)、寝たきりのイメージを連想させる寝具や杖などはプレゼントにふさわしくないと考える人もいるので、ぜひ覚えておいて頂けたらと思います。

米寿祝いには記念に残るものを

米寿のお祝いは、これからも生き生きと元気にいてほしい、長生きしてほしいという気持ちを伝える場なので、縁起の悪い贈り物ではなく、気持ちが前向きになるような贈り物が最適です。あったら嬉しい、家族の愛情を感じられる、そんな素敵な贈り物を選びましょう。

88歳にもなると、生活に必要なものはすべて揃っており、むしろこれからのことを考えて余計なものは増やさず、整理していきたいと考える人も多いです。ですから、テーマカラーや定番のギフトにとらわれず、本人が欲しい、使いたいと思えるものが特に喜ばれるでしょう。

プレゼント選びも大切ですが、「元気でいてね」「いつもありがとう」という気持ちをメッセージに残したり、きちんと言葉で伝えることも大切です。ビデオレターやオリジナルアルバム、寄せ書き、似顔絵など、記念に残るものを添えるとより一層気持ちが伝わるでしょう。

長寿を願う、米寿祝いの記念品とは?人気の定番商品でお祝いしよう

米寿を祝う気持ちを込めて…唯一無二の商品を贈ろう

米寿を祝う

米寿を祝う

米寿祝いに喜ばれる唯一無二の商品といえば何を思い浮かべますか?手書きの似顔絵やメッセージカード、手作りの酒器や食器など、オーダーメイドのものや手作りのものを連想する方が多いのではないでしょうか。

一生に一度のお祝いですから、特別なプレゼントを贈りたいと考える人は多いです。そんな人には、オーダーメイドできるプレゼントがおすすめ。

最近では、長寿祝い用にオーダーメイドの品を提供する会社が増えており、名前やメッセージを無料で入れて商品を販売する会社が多くなっています。

今回は、そういったオーダーメイドの商品の中でも、特に唯一無二の商品として米寿祝いに人気の高いギフトについてご紹介します。

 

唯一無二の商品として人気の高い米寿祝いギフトとは?

米寿のお祝いに特別なお酒

日本では長く生きた方に対して尊敬と感謝、そしてこれからも健康で長生きしてほしいという想いを込めて長寿のお祝いをします。

一般的には家族や親せき、友人などが食事会を開き、プレゼントなどを贈り祝ってあげることが多いようです。

その長寿のお祝いは、還暦、古希、喜寿などいろいろな種類がありますが、中でも米寿というのが88歳の長寿祝いになります。

一生に一度のお祝いですので、贈った側ももらった側も笑顔になるような、唯一無二のプレゼントを贈りたいと思う方も多いと思います。

そこで今回おすすめしたいのが、インターネットで注文できる個人の名前や顔の写真、メッセージを入れた商品です。特にお酒をたしなまれる方への米寿のプレゼントとしておすすめなのが、このサービスを利用した日本酒です。

 

米寿を祝う名入れ日本酒のプレゼントの魅力

米寿祝いに人気の商品として人気が高い、この日本酒。なぜ人気があるのかというと、ラベルにお祝いする方の名前や米寿祝いのメッセージなどを印刷してもらえるからです。

まるでお酒の商品名のように、自分の名前やメッセージが書かれていると、愛着がわきますよね。一般的には「名入れ酒」「名入れラベル酒」「名入れ日本酒」などの商品名で販売されています。

近年では、このようなサービスを展開するお店が増えてきており、お店によっては顔写真やイラストを付けられる場合もあります。

ここからは、米寿をお祝いするのにおすすめの名入れ酒の魅力についてご紹介します。

縁起の良い贈り物になる

縁起の良い贈り物になる

そもそもお酒、その中でも日本酒は昔から晴れの席には欠かせないものでした。年配の方にとってお酒といえば日本酒である場合も多く、日本酒の原料である米と米寿をかける意味もあることから、米寿のお祝いにはぴったり。非常に縁起の良い米寿のお祝いにふさわしいプレゼントになります。

記念品として喜ばれる

この名入れ酒をプレゼントすると、見た瞬間わあっと歓声があがりそうですね。きっと、米寿のお祝いに駆けつけた人たちの注目を集めるでしょう。

米寿の宴席で皆でさっそく味わうのも良し、後ほどゆっくり味わうのも良しのプレゼントです。さらに中身を飲みきった後でも瓶は残るので、記念品としても喜ばれるでしょう。

米寿の方の名前や心のこもったメッセージ、記念日、贈り主の名前などを自由自在に入れることができるので、世界に一つだけの贈り物として手元に残していつでも楽しんでもらえます。

親族にも配ることができる

親族にも配ることができる

また多めに発注して親族にも配ることができるのもこの商品の特徴です。長寿祝いに居合わせた親族が、もし遠方から駆けつけたのであれば、良いお土産になりそうですね。

このオリジナルラベルサービスを行っている酒造会社はいくつかありますので、好みの会社をインターネット等で探してみるのが良いでしょう

メーカーによっては価格、吟醸・大吟醸といった日本酒の種類、瓶の大きさなどを選べるところもあります。

記念日新聞を添えてくれるお店も

そのフルオーダーの名入れ酒にプラスして、その方の生まれた日の新聞をつけて贈ることができるサービスを行っているところまであります。米寿の方が生まれた日は、今から88年も前に遡りますが、なんと当時の新聞のコピーを今の時代に入手することができるんです。

この記念日新聞は、ひとときの話題の中心となるでしょう。自分が生まれた時代のことは何となくわかっても、生まれたその日に何が起こっていたのかを知る人はあまりいません。そのため、とても興味をひき喜ばれます。

自分が生まれた日に世の中で何が起こっていたのか知ることができる特別なプレゼントですので、宴席での会話のネタにもなりますし、素敵なサプライズ演出ができること間違いなしです。

記念日新聞を添えるサービスがあるお店はこちら

 

米寿プレゼントに手紙やメッセージも添えて特別感を演出しよう

88歳のお祝いプレゼントに手紙やメッセージを添えよう

唯一無二の商品として人気の高い名入れの日本酒の贈り物は、長寿祝い専門店であればお酒に金箔が入っていたり、黄色の包装でまとめてくれたりとさまざまなサービスを受けることができます。米寿祝いを盛り上げるサービスが満載なので、さまざまなお店を比較してみてお気に入りの一本を見つけてみましょう。

米寿のお祝いでは、記念に残るものが喜ばれます。名入れ日本酒は、まさに記念に残るギフトとなりますが、その奥には「心からお祝いしたい」という想いが込められていますよね。こうした想いは、形として残ることで、お祝いをした後もふとした瞬間に思い出すことができます。

そうした理由から、プレゼントをあげるタイミングで、心をこめた手紙やメッセージカードなどを添えるとなお喜ばれます。短い文章でも特別感のある贈り物になりますので、お祝いや感謝の気持ちを素直に言葉にしてみましょう。

米寿祝いに人気のお酒とは?喜ばれるお酒の選び方をご紹介!

今さら聞けない米寿のこと、由来やギフト選びのコツをまとめて解説!

米寿に黄色のちゃんちゃんこ

米寿に黄色のちゃんちゃんこ

長寿祝いの一つ、米寿のお祝い。ただ、その言葉は知っていても、内容についてはあまり知らないという人、多いです。米寿のお祝いは何歳のお祝いなのか、お祝いにちゃんちゃんこは必要なのか、お祝いのタイミングはいつなのか、など初めてお祝いする方にとってはわからない点もあるかと思います。

そこで、今回は米寿が始まったのはいつなのか、由来やテーマカラー、人気のプレゼントなど米寿のお祝いについてご紹介します。

 

米寿のお祝いが始まったのはいつ?

88歳のお祝いが始まったのはいつ?

日本には60歳の還暦以降、年を重ねる毎に行われる伝統的な長寿のお祝いがいくつかあります。ここではそんな長寿祝いのひとつである米寿について述べていきます。

日本の伝統的な長寿の祝いのことを年祝と呼びますが、 その中でも米寿は数え年で88歳のお祝いになります。また、順番的には60歳の還暦、70歳の古希、77歳の喜寿、80歳の傘寿に続くお祝いとなっています。

この年祝は中国の儒教に敬老思想と長寿を尊ぶ思想があったことに起因します。この儒教が日本に伝わり平安時代にはじめて行われたといわれています。奈良時代では祝う年が40,50など10年刻みでしたが鎌倉時代以降に現在の刻み方に変わり寿命が延びるにしたがって徐々に増えていきました

 

米寿の由来とテーマカラー

米寿は縁起の良いお祝い

米寿は、「米」という字を崩すと八十八と読めることからその名称がついています。末広がりの八が二つ重なる事でおめでたい年とされ、古くから米寿は縁起が良いとお祝いをされてきました。

伝統的には数え年毎に長寿をお祝いするものですが、最近は満年齢でお祝いをする事も増えてきました。お祝いをするタイミングとしては、誕生日か敬老の日が多いようです。

意外かもしれませんが、米寿のお祝いするタイミングは地域や家庭によって少しズレがあります。近年の満年齢での数え方に馴染みのある人は満年齢でお祝いをしたり、そのタイミングは親戚が集まりやすい時期で行うなど、ある程度自由な部分もあります。

年祝には年ごとにイメージカラーがありますが、米寿の色は黄色(金茶色)です。贈り物としては、伝統的に「米のお祝い」ともいわれておりましたので祝いの催しに枡の斗掻(枡で米を量る際に盛り上がった部分を平らにならす棒)や火吹き竹を送る風習があったとされています。

 

米寿のお祝いにちゃんちゃんこは必要?

長寿の祝い米寿

長寿祝いといえば、ちゃんちゃんこや座布団などを連想する方が多いのではないでしょうか。米寿祝いにもちゃんちゃんこは必要なの?と悩んでいる方もいるでしょう。

還暦の、赤いちゃんちゃんこは有名ですよね。現在では、米寿のお祝い品にも金色や黄色のちゃんちゃんこを送ることがあるようです。ちなみに80歳の傘寿祝いも金色や黄色が使われます。これは、長寿に対する敬意や尊敬の念を表しているそうです。

しかしこのちゃんちゃんこを送るというのは、もともと60歳のお祝いの還暦が十干(中国の暦の表示)と十二支を組み合わせた干支が一巡し生まれた時の干支に戻ることを「生まれ直し」「赤ちゃんに戻る」という意味で 赤いちゃんちゃんこを送る慣習が生まれたので、必ずしもちゃんちゃんこを贈らなければならないというわけではありません

そのため、ちゃんちゃんこではなく、実用的に使える黄色のファッションアイテムや、記念品になる名入れギフトが選ばれる傾向にあります。ちゃんちゃんこを着るのが恥ずかしい、あるいは嫌だと感じる人もいるため、あくまでも米寿を迎えるかたの希望に合わせて選びましょう。

 

米寿のお祝いに人気のプレゼント

88歳のお祝いに人気のプレゼント

米寿のお祝いにちゃんちゃんこ以外のプレゼントを贈るとしたら、どのようなプレゼントが人気なのでしょうか。

昨今の米寿祝いの人気プレゼントは、お祝いのメッセージが入った「メッセージギフト」や「似顔絵ギフト」、「オリジナルラベルの名入れ酒」などがあります。インターネットで長寿祝いのプレゼントを集めた専門店などもあるので、検索してみてください。

近年人気のメッセージギフトでは、名前やメッセージを入れることができる商品が数多くあり、置時計やフォトフレーム、アルバム、湯呑み、お茶碗、お箸、趣味に関するグッズなど幅広くあります。米寿の方が何をよく手に取っているか、どのような趣味を楽しまれているか、などを把握し、これからの生活がより楽しくなるようなプレゼントを選びましょう

名入れギフトを選ぶメリット

名入れギフトは、自分の名前や家族からのメッセージがかかれた、他では手にいれることのできない特別なギフトになる点が魅力です。自分のためだけに作られたもの、という特別感もあり、もらった人にとっては愛着のわく物になるでしょう。

米寿を迎える人の大半は、すでに生活に必要なものは全部揃っているため、実用的なものや米寿ならではの記念に残るものを喜ばれます。その点を考えると、タンスの肥やしになりそうなものは避けたいですよね。

実用性の高い名入れギフトを選ぶと、ふだんの趣味や生活に役立つだけでなく、愛着のわくものであればしっかりと活用でき、タンスの肥やしにはならないでしょう。

一番大切なのは、両親や祖父母へ、日頃の感謝や敬老の意味を込めてお祝いすることです。メッセージカードなどを添えて、日頃言葉ではなかなか言い表せない思いを伝えることも大切。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

米寿お祝いに人気のプレゼント5選!迷った時はこれで決まり!