米寿プレゼントに最適、黄色のメッセージ

米寿と黄色と

米寿と黄色と

人間は生まれてから節目での年齢のお祝いをします。長生きすればするほど、その間隔が短くなってきます。

日本では「年祝い」という長寿祝いがあります。61歳の還暦から始まり、70歳の古希、77歳の喜寿・・と続きます。その中でも88歳のお祝いが「米寿」です。

米寿とは米という字をくずすと八十八と読めることに由来しています。さらにこの「八」という漢字は「末広がり」で昔から縁起のよい数字だと言われています。

そんな米寿のお祝いでは、テーマカラーが黄色、または金茶の色となっており、それらのカラーをプレゼントなどに取り入れることで、より「米寿祝い」らしくお祝いすることができます。

そこで米寿祝いのプレゼントはどんなものを贈ればいいのか、そこが気になりますよね。

一番の人気は贈られる方の名前の入った詩や干支が描かれたものです。他には、60歳で贈られるちゃんちゃんこが、米寿では黄色ですので、こちらのプレゼントは無難です。

還暦=赤いちゃんちゃんこというイメージが強いため、カラーを変えるだけではあまり大きなサプライズにならないですし、できる限り他の長寿祝いと被らないようなプレゼントを選ぶようにしたいですよね。

その他、お酒好きな方にはお酒のプレゼントなども根強い人気があります。特にこの場合ただのお酒ではなくて、名前やメッセージをいれた名入れ酒を贈る方が多いです。

インターネットの様々なお店でオリジナルオプションで買いてくれたりするところがあります。また名前の入った湯のみなども、普段よく使うものですので無難に喜ばれるでしょう。

米寿祝いにおそろいのお湯のみ

もちろんガラスのコップなどよりも陶器で丁寧に作られた温かみのあるものの方が良いでしょう。地域によりそこだけのしきたりもあったりするので事前に調べておくことも大切なことです。また夫婦で米寿をお迎えになるのでしたら、お揃いの湯のみ、お揃いのお茶碗、などペアでプレゼントすればとても喜んでいただけると思います。

月並みですが胡蝶蘭や88本の薔薇もいかがでしょうか。お花はどの長寿祝いでも人気が高く、特にプリザーブドフラワーにすると面倒な手入れもいらず、長くきれいな状態を保てるためおすすめです。

ただ値段が高くなってしまうので、家族で話し合って、お金を出し合ってプレゼントするのもいかがでしょうか?なによりも高価なものより何でもいいんです。もっと長生きしてくださいという気持ちの籠ったプレゼントならきっとよろこばれるでしょう。

米寿のお祝いに思い出サプライズ

米寿祝いに思い出を

米寿祝いに思い出とサプライズ

人生のお祝い事というと「誕生日のお祝い」、銀婚式や真珠婚式などの「結婚記念のお祝い」、そして最後に日本伝統の長寿祝い「年祝い」等があります。

昨今平均寿命が80歳を超えていることもあり、超高齢化社会といって、日本人の5分の1が65歳以上という社会になっていますので、長寿祝いをする・される機会自体も多くなっているようです。

その「年祝い」ですが、(数え年で)61歳のお祝いである還暦、77歳のお祝い喜寿など様々な種類がありますが、その中で「米寿」はというと88歳のお祝いです。

61歳の還暦ではまだまだ長寿というイメージがわきませんが、88歳というと、この超高齢化社会でも長生きというイメージがわきますので、この「米寿」という特別なお祝いごとの際には、思い出深い物をプレゼントしたいものですね。

それにはスペシャル感のあるお祝いにして、サプライズ感を取り入れたプレゼントを用意することができると効果的と言えます。

米寿のプレゼントとしてサプライズ感を演出したい場合には、高価なプレゼントを用意するというのも一つの考え方ですが、プレゼントする相手のことを考えた選び方をすると、受け取る方の驚きや感動というのは結構変わってくるものです。

米寿祝いの思い出をフォトフレームに

例えば、フォトフレームというのがあり、感謝の気持ちなどのメッセージと名前を入れることができるガラス彫刻フレームというものがあります。これであれば、見た目の美しさもさることながら、名前の効果もあり、かなりサプライズ感があるプレゼントだと言えるでしょう。

米寿のお祝いをする際には、記念撮影をすることもあるでしょう。フォトフレームであれば、その時に撮った写真を入れることができますから、さらに喜びが増して幸せな気持ちになれるものです。

そしてプレゼントを渡す際には、日頃の思っている感謝の気持ちやメッセージなどを書いた手紙、またはメッセージカードなどをつけるとさらに特別なギフトにすることができます。

このように、米寿のお祝いとして何かプレゼントをあげる時には、お祝いごとのつながりを重視した選び方をするというのも良いものです。

ちなみに、このような記憶にも残り記念にもなる特別なプレゼントは、インターネットで探すといろいろなショップや商品が見つかります。

ネットショップには、長寿祝いに特化した専門店がいろいろとありますし人気の商品などもすぐわかるので、選ぶ手間も減らすことができ一石二鳥です。

米寿祝いギフト

米寿祝いのギフト

米寿祝いのギフト

長寿祝いは、日本独自にできたものと思っている方もいるようですが、実は中国の風習を取り入れたものです。中国の儒教に長寿を尊ぶという思想があり、それが平安時代に日本に伝わりました。

そして今では、還暦・古希・喜寿・傘寿・・など61歳から様々な長寿祝いの慣例が受け継がれています。

そのなかでも米寿は88歳のお祝いになります。この年齢になったのは「八十八」を組み合わせると米の文字になることが由来です。

還暦には赤いちゃんちゃんこなど赤いものを贈るしきたりがありますが、米寿には金茶色のものを贈るのが一般的です。金茶色の衣類や日用品を贈ったり、お米に関する商品を贈る人もいます。

いずれにせよ、長寿を喜び、尊敬を表現し、健康を願うものです。好きな物には個人差がありますので、金茶色の物やお米に関するものにこだわらず、本人が喜ぶものを優先して選ぶ方が良いでしょう。

事前に、好きな物、欲しいものを聞いておくのも良いかもしれません。

米寿祝で人気のギフトを紹介します

米寿のお祝いに胡蝶蘭

米寿祝いの会には金茶色のものを身に着けることがあります。そのため、黄色のちゃんちゃんこを贈る人も多いです。黄色のちゃんちゃんこは、防寒着としても活躍します。

ただ還暦の際に赤いちゃんちゃんこをあげている方も多いと思いますので、色違いのちゃんちゃんこをもらうよりも、違うプレゼントをチョイスするのはいかがでしょうか。

その他人気のギフトというと、お酒、お花、名前の入った詩があります。お花は、胡蝶蘭や、プリザーブドフラワーが人気です。胡蝶蘭はお祝いの席でよく贈られる高級花です。

花言葉は「幸福が飛んでくる」で、昔から縁起の良いお花として知られています。手入れも簡単で、生命力も強いため長いものだと2か月近く咲き続けます。まさに米寿のお祝いにぴったりなお花ですね。

そしてプリザーブドフラワーはというと、生花と違い、数年間持ちますし、手入れも全く必要ありません。お酒もお花も、普段購入しないような、少し高級なものを贈る方がより喜ばれるでしょう。

名前の入った詩や名入れ酒は、お店に頼んで作ってもらうことができます。特にネットショップではそのような名入れの商品を売っているお店がいろいろとあります。

本人の名前を使ったオリジナルになるので、世界にたった一つの特別なプレゼントということで、とても思い出に残る贈り物になるでしょう。

そのような特別感を演出することが長寿祝いのプレゼント選びの際重要視したいポイントになります。

米寿祝いに名前を入れてサプライズ

米寿祝いに感謝の気持ちを伝える

米寿祝いに感謝の気持ちを伝える

日頃からお世話になっている祖父や祖母。小さいころからずっと可愛がってくれて見守ってくれた大好きな祖父母に感謝の気持ちを伝えたいけれど、面と向かってお礼を伝えるのは恥ずかしいし、何かプレゼントを渡してもいまいち実感がわかないかもしれないと感じている人は沢山いるでしょう。

そんな方におすすめしたいサプライズが、米寿のお祝いの品に名前を入れてプレゼントすることです。米寿というのは日本の年祝いで、数えで88歳のお祝いになります。

米寿のお祝いには、家族や親せきが集まり盛大にお祝いしてあげるのが一般的になっています。

ケーキや日用品などを手渡しても、自分用だと解釈してもらえない可能性が高いですが、祖父や祖母の名前入りをプレゼントすると、個人に使用してもらうという意味合いが大きいですし、喜んでもらえます。

米寿祝いに趣味に関連するプレゼント

品物は食べ物でも日用品や電気製品でも何でも構いませんが、できれば普段から使ってもらえるような品物をプレゼントすると良いかもしれません。

米寿というと88歳になりますのでもうこの歳になると、何かしら体に不具合がでている方も多いと思いますし、足腰も弱くなってきますので、マッサージ用品などをプレゼントすると喜ばれるでしょう。

また最近はゲートボールやグランドゴルフなどを趣味にしている方が多いようです。ちなみにゲートボールよりもグラウンドゴルフの人口が昨今増えており、友達から話を聞いていてちょっと興味があるという方も結構いらっしゃるようです。

そのようなスポーツを既に始めている方にも、これから始めたいと思っている方にも、趣味で使う品物に名前を入れてもらうと便利です。

ゴルフパッドなどは名前入りで手渡すと、複数人数で遊んだ時にも誰の物か分かりやすいというメリットもありますし、間違って他人の物を持って帰ってきてしまったということがなくなりますので非常に合理的なサプライズといえるでしょう。

余談になりますが、筆者の祖父母は85歳で、二人ともグラウンドゴルフの愛好者です。二人の話を聞いていると、十数人で毎日プレーする際によく他人のボールやマーカーを間違ってもってかえったりするようです。

クラブを間違えることはそんなに多くはないようですが、やはり全ての道具に自分の名前をいれておくのはすごく大事なことだそうで、そうすることで愛着もわくようです。(笑)

ですので名入れしてある道具をもらうのはすごく嬉しいと聞いています。ぜひこういう話もあるということで参考にしていただけたらと思います。

米寿のお祝い、目指せ100歳

米寿のお祝いに

米寿のお祝いに

日本では古来より、ある特定の年齢に達するとそれを祝い、更なる健康と長寿を願って宴を開くことが慣習として伝えられてきました。その慣例は「年祝い」と呼ばれますが、もともとは中国から伝わったものが日本独自にアレンジされて今に至ります。

そこでなぜそういう長寿のお祝いが広まったのか、ということが気になりますね。それは江戸時代の人たちの平均寿命を見てもわかるのですが、だいたい50歳ほどしか生きられないような時代でしたので、60歳以上まで生きているということは本当に珍しいことだったのです。

ですので、長寿をお祝いすると共に祝う周りの者も長寿にあやかりみんな健康で長生きできるようにと願う行事が、「年祝い」として現代まで脈々と受け継がれています。

「年祝い」には様々なものがあるのですが、中でも60歳を迎えた際の還暦が最も有名で親しみがありますね。他にも知名度があるものとして米寿が挙げられます。

米寿とは88歳を迎えた人をお祝いする行事で、米という漢字を分解すると八十八に分けられることから名づけられました。また、昔から八という感じは末広がりで縁起が良いとされ、その八が二つ重なっている米寿は特にめでたい年齢として盛大にお祝いされてきたのです。

米寿のお祝いは数え年

一般的に、米寿は数え年で数えます。数え年とは、生まれた年を1才として元旦が来るごとに1つずつ歳を重ねるという考え方です。つまり、0歳の赤ちゃんでも1歳ということになり、誕生日で考える満年齢より1才上になることがほとんどです。このため数え年で88歳というと、実際は87歳で迎えることになります。

還暦のお祝いと言えば赤いちゃんちゃんこが有名で、赤いものを贈るしきたりがありますが、米寿の場合は金色や黄色がイメージカラーになります。

還暦の時と同様ちゃんちゃんこなどをプレゼントする方も多いのですが、昨今は「本人の好きなものを贈る」というのが重要視されており、必ずこれを贈らなければならないという決まりはありません。

ちゃんちゃんこなどはあまり着る機会もないという場合は、扇子や座布団などの日用品を贈っても良いでしょう。また、地域によっては米寿にちなんでお米を贈るという所もあります。

また、不祝儀に用いられることが多いお茶や刃物や櫛(4と9が縁起の悪い数字なため)、寝たきりのイメージを連想させる寝具や杖などはプレゼントにふさわしくありませんので、ぜひ覚えておいて頂けたらと思います。

最後に、プレゼントをあげる際は手紙・メッセージカードなどを一緒に渡すと気持ちが伝わり素敵な米寿祝いになりますよ。

米寿を祝う気持ちを込めて、唯一無二の商品

米寿を祝う

米寿を祝う

日本では長く生きた方に対して尊敬と感謝、そしてこれからも健康で長生きしてほしいという想いを込めて長寿のお祝いをします。

一般的には家族や親せき、友人などが食事会を開き、プレゼントなどを贈り祝ってあげることが多いようです。

その長寿のお祝いは、還暦、古希、喜寿などいろいろな種類がありますが、中でも米寿というのが88歳の長寿祝いになります。

一生に一度のお祝いですので、贈った側ももらった側も笑顔になるような、唯一無二のプレゼントを贈りたいと思う方も多いと思います。

そこで今回おすすめしたいのが、インターネットで注文できる個人の名前や顔の写真、メッセージを入れた商品です。特にお酒をたしなまれる方への米寿のプレゼントとしておすすめなのが、このサービスを利用した日本酒です。

日本酒のラベルにお祝いする方の名前や米寿祝いのメッセージなどを印刷した商品になります。一般的には「名入れ酒」「名入れラベル酒」「名入れ日本酒」などの商品名で販売されています。

お店によっては顔写真やイラストを付けられる場合もあります。

そもそもお酒、その中でも日本酒は昔から晴れの席には欠かせないものでした。年配の方にとってお酒といえば日本酒である場合も多く、日本酒の原料である米と米寿をかける意味もあります。

ですので、非常に縁起の良い米寿のお祝いにぴったりなプレゼントが「お酒」でもあるのです。

米寿のお祝いに特別なお酒

米寿の宴席で皆でさっそく味わうのも良し、後ほどゆっくり味わうのも良しのプレゼントです。さらに中身を飲みきった後でも瓶は残るので、記念品としても喜ばれるでしょう。

また多めに発注して親族にも配ることができるのもこの商品の特徴です。

このオリジナルラベルサービスを行っている酒造会社はいくつかありますので、好みの会社をインターネット等で探してみるのが良いでしょう。

メーカーによっては価格、吟醸・大吟醸といった日本酒の種類、瓶の大きさなどを選べるところもあります。

また、そのフルオーダーの名入れ酒にプラスして、その方の生まれた日の新聞をつけて贈ることができるサービスを行っているところまであります。

自分が生まれた日に世の中で何が起こっていたのか知ることができる特別なプレゼントですので、宴席での会話のネタにもなりますし、素敵なサプライズ演出ができること間違いなしです。

そして、できればそのプレゼントをあげるタイミングで、心をこめた手紙やメッセージカードなどを添えるとなお喜ばれますよ。

米寿のお祝いとは

米寿に黄色のちゃんちゃんこ

長寿の祝い米寿

日本には60歳の還暦以降、年を重ねる毎に行われる伝統的な長寿のお祝いがいくつかあります。ここではそんな長寿祝いのひとつである米寿について述べていきます。

日本の伝統的な長寿の祝いのことを年祝と呼びますが、 その中でも米寿は数え年で88歳のお祝いになります。また、順番的には60歳の還暦、70歳の古希、77歳の喜寿、80歳の傘寿に続くお祝いとなっています。

この年祝は中国の儒教に敬老思想と長寿を尊ぶ思想があったことに起因します。この儒教が日本に伝わり平安時代にはじめて行われたといわれています。奈良時代では祝う年が40,50など10年刻みでしたが鎌倉時代以降に現在の刻み方に変わり寿命が延びるにしたがって徐々に増えていきました。

米寿は縁起の良いお祝い

米寿は、「米」という字を崩すと八十八と読めることからその名称がついています。末広がりの八が二つ重なる事でおめでたい年とされ、古くから米寿は縁起が良いとお祝いをされてきました。

伝統的には数え年毎に長寿をお祝いするものですが、最近は満年齢でお祝いをする事も増えてきました。お祝いをするならば誕生日か敬老の日が多いようです。

年祝には年ごとにイメージカラーがありますが、米寿の色は黄色(金茶色)です。贈り物としては、伝統的に「米のお祝い」ともいわれておりましたので祝いの催しに枡の斗掻(枡で米を量る際に盛り上がった部分を平らにならす棒)や火吹き竹を送る風習があったとされています。

米寿に黄色のちゃんちゃんこ

現在では米寿のお祝い品に金色や黄色のちゃんちゃんこを送ることがあるようです。ちなみに80歳の傘寿祝いも金色や黄色が使われます。これは、長寿に対する敬意や尊敬の念を表しているそうです。

しかしこのちゃんちゃんこを送るというのはもともと60歳のお祝いの還暦が十干(中国の暦の表示)と十二支を組み合わせた干支が一巡し生まれた時の干支に戻ることを「生まれ直し」「赤ちゃんに戻る」という意味で 赤いちゃんちゃんこを送る慣習が生まれたので、必ずしもちゃんちゃんこであるという必要はありません。

昨今の米寿祝いの人気プレゼントは、お祝いのメッセージが入った「メッセージギフト」や「似顔絵ギフト」、「オリジナルラベルの名入れ酒」などがあります。インターネットで長寿祝いのプレゼントを集めた専門店などもあるので、検索してみてください。

両親や祖父母へ、日頃の感謝や敬老の意味を込めてお祝いするのが何よりです。ぜひ参考にしてみてくださいね。