米寿ギフトで喜ばれるのは

米寿ギフト

米寿ギフト

数字の八十八を組み合わせるとできあがる漢字が、米です。その為、八十八歳の長寿のお祝いの事を、米寿と呼びます。

自分のおじいちゃんやおばあちゃんが米寿を迎えた際、お祝いをしたくても、何をどうすれば良いのか、何を贈れば喜んでくれるのか、よく分からないという人も多いでしょう。

一般的に知名度の高い「還暦のお祝い」だと赤いちゃんちゃんこを着るというのが通例ですが、米寿の場合は金色のちゃんちゃんこを着てお祝いをするというのが一般的です。

ただ、これは昔ながらの方法です。現在は、還暦であっても赤いちゃんちゃんこを着たくない、米寿であってもちゃんちゃんこを着る事には抵抗があるという人もいます。

現代の日本は長寿社会であり、平均寿命も80歳を超えています。ですので、60歳を超えてもまだまだ現役で若々しい方が沢山おられます。

ひと昔前の「長寿」をイメージさせる「赤や黄色のちゃんちゃんこ」は今の高齢者の方にとっては、「老い」を感じさせるものになる場合もあるということです。

ということで、ちゃんちゃんこを贈ってお祝いをしたいと考えた場合、ちゃんちゃんこを着たがっているかどうかを確認しておく事が大切です。

そしてちゃんちゃんこを贈る以外の方法でお祝いをしたい場合、ちょっとした米寿ギフトを考えておく事がおすすめです。

欲しがっている物があるのであれば、それをお祝いとして贈るのも良いでしょう。欲しい物が分からないという場合、オリジナルのアルバムを作ってみるという事がおすすめです。

米寿になる頃には孫やひ孫も多くなっているという事が少なくありません。全員が集まる事が難しくても、子供や孫、ひ孫の顔を手軽に見られるようなアルバムや、これまでの人生をまとめたアルバムをプレゼントすれば、良い記念になります。

更に、アルバムを手渡す事によって、その場での会話も盛り上がる事になります。アルバムにするのが難しければ、子供や孫の写真を色紙に貼り、メッセージを添えた寄せ書きにしてみるという事もおすすめです。

会いに行く事が難しいのであれば、ふわふわした座り心地の良い座布団や、立ったり座ったりするのが楽な椅子、美味しい高級なお菓子等が米寿ギフトとしておすすめです。

直接会って渡す場合は、言葉を伝える事が出来ますが、米寿ギフトを配送という形で届ける場合は、メッセージを添えておく事が大切です。それにより、本当に喜んで貰える米寿のお祝いとなります。

米寿祝いに世界でひとつだけのプレゼント

米寿のお祝い

今年、私のお爺ちゃんとお婆ちゃんが米寿を迎えました。数年前から体調を壊すことが多く病弱なお婆ちゃんが、お爺ちゃんと揃って米寿祝いをできることをすごく喜んでいたのが印象的でした。

米寿祝いをするにあたり、プレゼントをどうすればよいか自分なりに調べていたのですが、黄色いものをプレゼントすると縁起が良いということを知り、プレゼントにはネットで人気の黄色いちゃんちゃんこを贈ることにしました。

あと、長生きしてほしいと願いをこめて、ミニサイズの黄色いだるまも一緒にプレゼントしました。お爺ちゃんとお婆ちゃんは、互いの黄色いちゃんちゃんこ姿にすこし照れながらも顔をほころばせて喜んでくれました。

まるで昔話に出てくお爺ちゃんとお婆ちゃんの姿に、お祝いした家族全員がとてもほっこりとした気持ちにになりました。

また父はこの日のために、お爺ちゃんの大好きな名酒をネットで取り寄せていました。父は祝杯をあげるのが待ち遠しかったようで、米寿祝いの準備のあいだ終始ソワソワしていました。

家族全員で、長生きしてほしいと願いをこめて乾杯できたことにとても感動しました。お爺ちゃんもお婆ちゃんも目に涙を浮かべていました。そんな二人をみているとこちらまで泣けてきました。

今回の米寿祝いでは、これまでの日々をさかのぼりながら、全員が心温まる素敵な時間を過ごすことができました。

また、米寿祝いのためにお取り寄せしたネットで人気のスイーツも大変好評でした。そのスイーツとは、「祝米寿、これからも元気で長生きしてください」というメッセージを入れたバームクーヘンです。

このオリジナルのメッセージにも感動してくれていましたし、生地もふわっと柔らかく、ほどよくしっとりして、絶妙な甘さが最高においしかったです。またぜひリピートしたいねと家族全員で話していました。

米寿祝いを手紙でしめくくり

お祝いの席のしめくくりは、わたしたち兄妹が手紙を読んでこれまでの苦労をねぎらい感謝を伝えました。普段無口な父親もこの日ばかりは、感謝の言葉を伝えてお爺ちゃんとお婆ちゃんを喜ばせていました。

母親はこの日を迎えるふたりのために湯呑みを用意していました。そのおそろいの湯呑みにはお爺ちゃんとお婆ちゃんの名前と、感謝のメッセージが書かれていました。

ネットで色々さがしまわって、ようやくオーダーメイドできる湯呑みを見つけることができたらしく大変満足していました。世界にひとつだけの湯呑みにお爺ちゃんもお婆ちゃんも大喜びでした。

世界でひとつのオリジナル米寿祝い

プレゼントをラッピングy

米寿のプレゼントにオリジナルの手ぬぐい

今年米寿の私のお爺ちゃん。いつもすっごく元気で、いろいろなところに出かけたりして、毎日楽しそうに過ごしています。

そんなアクティブなお爺ちゃんへ、米寿お祝いをする際、どんなプレゼントをしたら良いだろう・・と家族や親戚たちで考えた結果。山登りが好きなので、山登りにぴったりの「手ぬぐい」をプレゼントすることに決めました

ただこの「手ぬぐい」というチョイスは、山登りだけではなく普段も使ってほしい、という願いを込めて選びました。

でも、お店で市販のものを買ってくるだけでは特別な感じがせずつまらないだろうと思ったので、この際オリジナルのものを製作することにしました。

米寿のプレゼントをインターネットで

自分たちで作るにしてもどうやったらいいかわからないので、まずインターネットで検索して調べていました。すると、なんとオリジナルの手ぬぐいを製作してくれるサイトを見つけたのです!

そこで早速依頼することにしました。そのお店では、色を自由に選ぶことができて、柄も自由に描くことができました。私は、もともとイラストを描くことが好きなので、お爺ちゃんの小さい似顔絵や、山のイラストをデザインに組み込みました

また、カラーについては、お爺ちゃんが好きだと言っていた紺色にしました。せっかくなので数枚製作してもらって、同じ物をもう一枚予備としてラッピングしました。

さらに、手ぬぐいだけでは少し寂しいなと思ったので、追加でフォトフレームもプレゼントすることにしました。どこにでも置くことのできる小さめの透明なフォトフレームで、中にはお爺ちゃんが気に入っているという、お爺ちゃんとおばあちゃんが旅行先で一緒に写った写真を入れました。

プレゼントをラッピングy

家族・親戚たちが集まって、お爺ちゃんの米寿お祝いパーティーをする当日。出来上がったプレゼントをきれいにラッピングして、お手紙と一緒に渡しました

お爺ちゃんはラッピングを開けて、とても喜んでくれました。そしてオリジナルの手ぬぐいを見て、「次から山登りに行くときにこれを持っていくよ」と言ってくれて、とても嬉しかったです。

また、フォトフレームを渡したときは感動して少し涙ぐんでくれたので、私たち周りの者もみんな感動してもらい泣きしそうになってしまいました。

このお爺ちゃんの米寿お祝いの日は、私たち家族にとっても最高の1日となりました。今は100歳まで生きている方も珍しくない時代です。

今でもまだまだ元気なお爺ちゃんには、これからも長生きして目指せ100歳!精神で楽しい思い出をたくさんつくっていってほしいです。

スーパーおじいちゃんへの米寿プレゼント

敬老の日に米寿のお祝い

敬老の日に米寿のお祝い

9月に入り、今年も敬老の日がやってきます。わが家にとって「敬老の日」はある意味お盆よりも忙しく、賑やかな「イベント」なのです

というのも、現在兄弟たちはそれぞれ都会に出て家庭をもっていますが、全員がお盆休みが取れない仕事についています。ですので、わが家では「敬老の日」に一族が実家へ集合するというルールがあるのです。

このルールは父が古希を迎えた頃から始まったのですが、これまでいまだ一人の欠席者も出さず続けられています。

そんな一族の長、今年米寿のお爺ちゃんは元気いっぱいの人で、年々若返っているのではと思うほど活動的に飛び回っている「スーパーおじいちゃん」です。

70歳から始めたゲートボールでは、数々の大会に優勝し、今ではトロフィーの置き場に母が困るほど活躍しています。その他にも、もともとアウトドアが大好きなので、釣りや山菜取りにと現役時代よりも忙しそうな生活を送っています。

そんなアクティブなお爺ちゃんへ今年は何をプレゼントしようと、孫らと相談していたところ、今年大学を卒業した孫が、おもむろにタブレットを取り出しました。

そして、「じいじには元気でいて欲しいから、元気じゃないと使えないプレゼントがいいな・・」と言いながら、我が家のお爺ちゃんにぴったりなプレゼントを探し始めました。

とにかく元気いっぱいなので、座椅子やマッサージ機などのインドアグッズは誰の頭にもありません。実際古希に兄弟でお金を出し合ってプレゼントした「高級マッサージチェア」はプレゼントしたその日から、飼い猫「まる」の指定席になっていました(まるは遥か昔に他界しております)。

米寿のお祝いに登山グッズ

数ある父の趣味の中でも一番は、学生時代から日本中を回ったという「山登り」。70歳までは母も一緒に連れて近くの山へ行っていましたが、母が体調を崩してからは行かなくなっていました。

そういうことから結論として、今年のプレゼントは「超軽量ジェラルミンスティック」をあげることに決定しました

山登りが好きなのでぴったりのグッズをと思いましたが「一人で行かせるわけにはいかない」と思い立った子ども、孫たちの人数分、合計8本分を注文しました。

そして今度のシルバーウィークは一族みんなで「敬老の日登山」へ行く事となりました。お爺ちゃんを文字通り担いで登るかもしれない、と孫たちは着々とトレーニングを始めているようです。

私もせめて足を引っ張らない程度に無事登頂出来るようにがんばります。