必ず喜ばれる米寿ギフト

米寿祝いに手編みのマフラー

米寿祝いに黄色いちゃんちゃんこ

最近では、平均寿命だけでなく、健康寿命が延びていて、何歳になっても元気なお年寄りは沢山いらっしゃいますが、昔は人間の寿命は60年とされていました。その為、日本では長生きしているお年寄りをお祝いするという風習があります。

その風習は「年祝い」と呼ばれ、60歳の還暦、70歳の古希、80歳の傘寿、99歳の白寿などいろいろな種類があります。

中でも「米寿」というのは、88歳の長寿のお祝いのことで、「米」の字をバラバラにすると「八十八」に見えることに由来しています。

88歳まで長生きしているお年寄りに、お祝いの気持ちを伝える米寿ギフトとして、(黄色い)ちゃんちゃんこを贈ることも定番となっていましたが、昨今お子さんやお孫さんによる手作りの物、が人気となっています。

米寿祝いに手編みのマフラー

実際に使える手編みによるマフラーや帽子ならば、寒い時期にもぴったりです。また、それらのギフトならば年を重ねると、冷え性になりやすいので体を温めてもらうのにもぴったりです。

ちょっとくらい出来が悪いと思っても、お子様やお孫さんの手作りでしたら、大喜びで受け取ってくださいます。また米寿のシンボルカラーである黄色(または金色)のお花と一緒に贈ると、華やかさが出て更に盛り上がること間違いなしです。

いつまでも、元気でいて貰えるように、願いを込めて贈りましょう。もし手作りが難しい場合は、お洋服を贈られる方が多いです。

女性には、カーディガンやストール、ショールといった羽織物を贈られると、長く使って頂けて、様々なシーンで活躍出来るので、贈られた方も使い勝手が良く、大変便利です。男性には、セーターやジャケットなどを贈ると喜ばれます。

米寿祝いにメガネケース

或いは、メガネケースなどの小物類なども、お出掛けの際にメガネを持ち運ぶのにお使い頂けるので、喜ばれます

ただ、実用的なものの中でも老眼鏡や杖などは老いを感じさせるので避けるようにしてくださいね。

それ以外にも、せっかくの機会ですので家族写真を一緒に撮るなど、思い出を残してみるのもいいでしょう。88歳のお祝いに、家族や親族が集まって、おめかしをして、プロのカメラマンに撮っていただくと、最高の思い出の一枚になります。

家族で美味しい物を食べたり、旅行に行くのもいいでしょう。物や思い出、形として残る物を贈る傾向がありますが、相手の喜ぶ顔を想像しながら何を贈ろうか悩むその喜ばせようという気持ちが何よりもの素晴らしいギフトになります。

長寿の願いを込めた米寿のプレゼント

おばあちゃんの米寿祝い

おばあちゃんの米寿祝い

今年お婆ちゃんが米寿を迎えるので、いつもはあまり揃って集まらない家族が、そのお婆ちゃんの米寿のお祝いをするためだけに、実家に集まることになりました。

お爺ちゃんと揃って米寿祝いをすることができるのがとても嬉しいのか、お婆ちゃんはにこにことして、終始ご機嫌でした。

さっかく家族全員がそろったわけですし、近所の写真館でプロの方に家族写真を撮ってもらうことに。お婆ちゃんは黄色のちゃんちゃんこを無料で貸し出してくれたので、それを着て写真撮影にのぞみました。

写真を撮った後は、家に戻り、ごちそうを作って、久しぶりに家族全員で食事をしました。やっぱりみんな揃うとお爺ちゃんもお婆ちゃんも嬉しそうでした。

さらに、ケーキまで手作りしましたし、孫たちがそろって手紙や似顔絵などを贈ったので、二人とも本当に大喜びしていました

大人たちはそれぞれで長生きしてほしいと願いをこめて、自分たちで探したプレゼントを贈ることにしました。

似顔絵が描かれた湯のみや小さいころからの家族のアルバムを利用したもの、そしてお婆ちゃんの名前を使ったお祝いの文章などもあって、お婆ちゃんはもっと喜んでいました。

米寿のプレゼントに座椅子

どうせならプレゼントはかぶらないようなものを贈ろうと思い、プレゼントにはインターネットで調べたところ、特に人気の高かった「背もたれのある座椅子」を贈ることにしました。

普段から椅子のあるリビングよりも、低いテーブルのある和室にいることが多いお婆ちゃんなので、お爺ちゃんとおそろいで背もたれのある座椅子を贈ったところ、さっそく使ってくれて喜んでくれました。

家族それぞれがお婆ちゃんをお祝いする気持ちを込めてプレゼントを探したのですが、かぶらないように、事前に連絡をとることは必須でした。

そのプレゼント選び。インターネットで人気のものを中心に様々な商品を比較していたのですが、探している間もお婆ちゃんが喜ぶ顔を考えていたので、選んでいるときからこちらも楽しい時間を過ごすことができました。

とにかく、長生きをしてほしいと願いをこめて、家族全員がその日をお祝いしました

それまでのいろいろなことを話したり、楽しい時間を過ごすことができたので、お婆ちゃんだけではなく、お爺ちゃんや家族全員がお婆ちゃんの笑顔を喜んでいました。

長生きしてほしいと願いをこめて贈ったプレゼントは、今でも大切に使われていたり、リビングや和室に飾られているのも嬉しいです。