米寿のお祝いとは

最終更新日:2018/12/06
米寿に黄色のちゃんちゃんこ

長寿の祝い米寿

日本には60歳の還暦以降、年を重ねる毎に行われる伝統的な長寿のお祝いがいくつかあります。ここではそんな長寿祝いのひとつである米寿について述べていきます。

日本の伝統的な長寿の祝いのことを年祝と呼びますが、 その中でも米寿は数え年で88歳のお祝いになります。また、順番的には60歳の還暦、70歳の古希、77歳の喜寿、80歳の傘寿に続くお祝いとなっています。

この年祝は中国の儒教に敬老思想と長寿を尊ぶ思想があったことに起因します。この儒教が日本に伝わり平安時代にはじめて行われたといわれています。奈良時代では祝う年が40,50など10年刻みでしたが鎌倉時代以降に現在の刻み方に変わり寿命が延びるにしたがって徐々に増えていきました。

米寿は縁起の良いお祝い

米寿は、「米」という字を崩すと八十八と読めることからその名称がついています。末広がりの八が二つ重なる事でおめでたい年とされ、古くから米寿は縁起が良いとお祝いをされてきました。

伝統的には数え年毎に長寿をお祝いするものですが、最近は満年齢でお祝いをする事も増えてきました。お祝いをするならば誕生日か敬老の日が多いようです。

年祝には年ごとにイメージカラーがありますが、米寿の色は黄色(金茶色)です。贈り物としては、伝統的に「米のお祝い」ともいわれておりましたので祝いの催しに枡の斗掻(枡で米を量る際に盛り上がった部分を平らにならす棒)や火吹き竹を送る風習があったとされています。

米寿に黄色のちゃんちゃんこ

現在では米寿のお祝い品に金色や黄色のちゃんちゃんこを送ることがあるようです。ちなみに80歳の傘寿祝いも金色や黄色が使われます。これは、長寿に対する敬意や尊敬の念を表しているそうです。

しかしこのちゃんちゃんこを送るというのはもともと60歳のお祝いの還暦が十干(中国の暦の表示)と十二支を組み合わせた干支が一巡し生まれた時の干支に戻ることを「生まれ直し」「赤ちゃんに戻る」という意味で 赤いちゃんちゃんこを送る慣習が生まれたので、必ずしもちゃんちゃんこであるという必要はありません。

昨今の米寿祝いの人気プレゼントは、お祝いのメッセージが入った「メッセージギフト」や「似顔絵ギフト」、「オリジナルラベルの名入れ酒」などがあります。インターネットで長寿祝いのプレゼントを集めた専門店などもあるので、検索してみてください。

両親や祖父母へ、日頃の感謝や敬老の意味を込めてお祝いするのが何よりです。ぜひ参考にしてみてくださいね。