米寿のお祝いプレゼント

最終更新日:2018/12/06
米寿祝いとプレゼント

米寿祝いとプレゼント

プレゼントというのは、いつもお世話になっている方へのお歳暮のようなギフトから、家族や友達・友人への誕生日プレゼントなどなどいろいろなシーンで行うものですが、その中身についてもお花や洋服など、色々な物を用意するものです。

ただ、長寿祝いのプレゼントというとそのような日常のプレゼント・ギフトとは特別感が違ってきます。ですのでこのような長寿のお祝いをする特別なタイミングの時というのは、そういったタイミングにピッタリのユニークな物をプレゼントすることができると、喜びもひとしおだと言えるでしょう。

ちなみに長寿のお祝いである「年祝い」は、

  • 61歳(還暦)
  • 70歳(古希)
  • 77歳(喜寿)
  • 80歳(傘寿)
  • 88歳(米寿)

など、61歳からずっと10歳前後の間隔でお祝いしていくことになるのですが、今回は特に「米寿」について取り上げてみたいと思います。

「米寿」は、この漢字「米」が「八」と「十」と「八」になるので、88歳のお祝いの由来となりました。また、昔から「八」という漢字が末広がりで幸運の数とも呼ばれ縁起が良いと言われており、さらに「八十八」という数字自体を吉事としていたとも言われています。

そのことから「88歳」についても非常に縁起の良い歳「米寿」としてお祝いされています。

さて、米寿のプレゼントを用意する時に意識しておきたいことは、渡す相手の性格です。これは、プレゼント全般に言えることではありますが、米寿のプレゼントでも大事なことで、それを意識するかしないかで受け手の反応というのは変わってくるものです。

似顔絵というプレゼント

例えば、かわいらしい物が好きな人であれば、似顔絵をプレゼントするという手があります。米寿のお祝いとして写真撮影をしてそれを飾ることを考えている人もいるでしょうが、似顔絵というのは写真には出すことができないかわいらしさやユニークさというのがあるものです。

その似顔絵を飾っておくだけでも十分素敵ですし、似顔絵を持った状態で写真撮影をして、その写真を飾るようにするのも面白いでしょう。なお、似顔絵を手配する時には、似るまで無料で修正してくれる業者もありますから安心です。

また、単に似顔絵を描いてもらうだけでなく、メッセージや名前を入れてもらうこともできますから、特別なタイミングである米寿のお祝いにピッタリだと言えます。

とにかく一生に一度しかない「米寿のお祝い」ですので、特別感のあるものをプレゼントしてお祝いしてあげましょうね。