米寿祝いに人気商品とは?米寿プレゼントの選び方やおすすめの品!

米寿祝いには黄色を

米寿祝いには黄色を

日本にある長寿のお祝いはいくつかありますが、米寿は米の漢字を分けると八十八になる事から88歳のお祝いとして昔から行われてきた慣習の一つです。

昔から大切なお祝いとされてきた米寿のお祝いには、気持ちのこもった特別な贈り物を贈りましょう。

今回は、米寿祝いに贈るプレゼントの選び方や、米寿祝いに人気のおすすめの品をご紹介します。

 

米寿祝いプレゼントの選び方

88歳のお祝いプレゼントの選び方

黄色を取り入れた贈り物

一般的に長寿祝いの際にはプレゼントをあげることが通例になっていますが、米寿にお祝いする時に用いるカラーは黄色ですので、黄色を取り入れた商品が多くのギフトショップで取り扱われています

縁起の良いものを贈りたい、米寿祝いならではの贈り物をしたい場合には、黄色を取り入れた贈り物を検討してみましょう。

記念になるもの

記念品

特に米寿の方へ人気の商品と言えば、記念になるものが喜ばれます。88歳にもなると、家族揃って楽しい時間を過ごすことこそが、かけがえのない喜びだと感じる人も多いです。離れて暮らす家族がいる場合は、なおさらですね。

記念品は、米寿のお祝いが終わった後も楽しむことができ、思い出をいつでも振り返ってもらうことができます

中でも名前やメッセージを入れた記念品であれば、いつも身近なところに置いて眺め、思い出すことができますから、家族の愛情をより感じてもらうことができるでしょう。

「米」にちなんだもの

米寿の「米」にちなんで、お米やお米に関連する贈り物を選ぶ方も多いです。このお米に関する贈り物は、古くから伝わる伝統でもあるため、米寿を迎えるかたにとっては馴染み深いプレゼントになるかもしれません。

とはいえ、昔と今とではお米を炊く道具も変わってきていますから、少し事情は異なるでしょう。おすすめなのは、少々高級なお米のギフトや、お米が原料の日本酒の贈り物などです。

縁起の良いお米にまつわる品を贈ることで、これからの益々の健康を願うことができるでしょう。

 

米寿祝いに人気のおすすめ商品

88歳のお祝いに人気の商品

米寿祝いに人気のおすすめ商品をご紹介していきます。

お祝い金の相場については、両親に贈る場合は2万~3万円、祖父母だと1万~2万円、その他の親族だと5千~1万円といのが常識的な相場だと思われます。

米寿祝いに人気のおすすめ商品と相場をチェックしながら、お気に入りの一品を見つけましょう。

似顔絵や詩

似顔絵や詩

お祝いされる方の似顔絵に感謝の気持ちを書いた色紙や名前を取り入れたイラスト付きの詩も人気があります

やはりこういったオリジナリティーあるギフトは、手書きである事にぬくもりや温かさを感じられるので年配の方にも非常に人気があります。幼い孫やひ孫がいれば、ぜひ贈りたいプレゼントですね。

メッセージ付きのお人形

中には文字が見えにくい方に配慮して、音声で対応できるメッセージ付きのお人形も好評です。

例えば、お孫さんの声を録音できるテディベアなんてものもあるようです。

湯呑みやお茶碗、箸置き

米寿の贈り物に湯のみ

その他にも日常ぜひ使ってほしいという事であれば、湯呑みや茶碗、箸置き等は毎日使う物として人気があります。近年、長寿祝いには実用性の高いものを好まれる傾向にあるようで、これらの毎日使えるものは特におすすめ。

高齢になると、食べることがとても重要で、健康のバロメーターにもなります。いつまでも、おいしく食事をとってねという願いは、長生きしてねという気持ちも表してくれます。ですから、長寿のお祝いである米寿祝いのギフトにもぴったり。

選ぶ柄においては、黄色をベースにした食卓が華やかになるようなデザインを選ぶと良いでしょう。

プリザーブドフラワー

またプリザーブドフラワーも定番のプレゼントです。生花だとすぐ枯れてしまいますが、プリザーブドフラワーならば水やりなどの世話が必要ありませんし、長ければ2~3年ほどもつものもあり、長く美しい姿を楽しむことが可能です。

そのお花にメッセージをつけてプレゼントするのもいいですね。綺麗なお花に日頃の感謝の気持ちを込めたメッセージ。きっともらったご本人も心に残るお祝いになるに違いありません。

もし、米寿を迎える方が、療養によりあまり動くことができない状態であっても、フラワーギフトなら贈りやすいですよね。横になっていても目に届く位置に飾っておけば、空間が華やかになり気持ちも明るくなることでしょう。

 

米寿祝いに避けたい商品

88歳のお祝いに避けたい商品

一方で米寿のお祝いとして避けたいものには、老眼鏡や杖、補聴器、櫛、お茶などがあります。櫛は、「4」「9」と縁起の良くない数字がイメージされますし、老眼鏡や杖・補聴器は「老い」をイメージさせます。身体の老化は本人が一番しており、気にする部分でもあります

この為、本人が必要としても敢えてお祝いには避ける方が無難でしょう。

その他にもお茶のセットなども好む人はいますが、中には香典返しのイメージが強いので避けた方がトラブルにならなくて済むでしょう。

よかれと思って贈った品物が、実は縁起の悪い贈り物だった・・・。なんてことのないように、知識としてそなえておくと安心です。

今回紹介した内容を参考にして、ぜひお祝いされるご本人、そしてお祝いする周りの家族もみんな笑顔になる素敵な米寿祝いを準備されてみてください。

もう迷わない!みんなが選ぶ米寿祝いの定番