米寿の祖父にお祝いを!おじいちゃんが笑顔になるお祝い方法を考えよう

米寿の祖父を祝う

米寿の祖父を祝う

いつも元気なおじいちゃんがもうすぐ88歳を迎える、というお孫さんは多いのではないでしょうか。平均寿命が一昔前と比べて延びたとはいえ、米寿を迎えるのは大変貴重で素晴らしいことなので家族や親族集まってお祝いするのが望ましいです。

そこで今回は、米寿の祖父にふさわしいお祝いの方法を考えていきましょう。

 

平均寿命と米寿の由来

平均寿命と88歳のお祝いの由来

米寿は数え年の88歳の時の年祝いになります。年祝いとは日本伝統の行事で、節目節目に行う長寿のお祝いです。

年祝いはたくさんあり、満60歳の還暦、70歳の古希、77歳の喜寿、80歳の傘寿、88歳の米寿、90歳の卒寿、99歳の白寿、100歳の百寿などと続いていきます。

しかしながら、昨今平均寿命は80歳を超えていますので、昔の方の年齢に対するイメージとは異なります。年祝いが広まり習慣化されたのは江戸時代の頃といわれていて、その頃の平均寿命は50歳にも満たなかったのだとか。

そう考えると、昔は満60歳の還暦を迎えることはとても喜ばしいことだったのだと分かりますね。

現代は、還暦や古希でも若く元気な方が多いことから「長寿」という言葉が似合わなくなっていて、特に還暦を迎えた方でもバリバリと働いているかたはたくさんいます。還暦のあかいちゃんちゃんこを嫌がる人が多い理由も、なんとなく分かる気がします。

ですので現代では実質の長寿のお祝いといえるのは、平均年齢くらいの傘寿あたりからでしょうか。

さて、いろいろな年祝いの中でも、特に「米寿」の88歳はいわゆる「ぞろ目」で、八という漢字も末広がりでとても縁起の良いお祝いになります。2018年の平均寿命は、女性87.32歳、男性81.25歳なので、米寿は現代の平均寿命を超えてはじめてお祝いする長寿祝いにもなります。こうした理由から、米寿は特に盛大に行おうと考える人も多いです。

「米寿」という名前の由来については、八十八という字を重ね合わせると米という字になるというところからきているようです。

 

米寿の祖父にふさわしいお祝い方法

88歳のおじいちゃんにふさわしいお祝い方法

それにしても、自分の大切な家族が88歳まで健やかに生きるということはとても喜ばしいことです。ですので、この特別な長寿祝いは家族全員でお祝いするのにふさわしいと言えます。

88歳にもなると子供、孫はもちろんひ孫がいる人も珍しくありません。ここから米寿を迎える人にはどんなお祝いがふさわしいか、米寿の祖父を持つ孫の立場から考えてみます。

米寿の祖父は珍しい!?

祖父の米寿と平均寿命

おじいちゃんで88歳というのはおばあちゃんよりも少数です。なぜなら女性の平均寿命に比べて男性の平均寿命は短いからです。

さきほどご紹介した2018年の平均寿命によると、男性と女性で6,7歳ほどの差があるのです。おばあちゃんであっても、おじいちゃんであっても、米寿を迎えることのおめでたさに差はありませんが、特に男性は平均寿命が女性に比べると短いという点を考えると、よりジーンと込み上げるものがある気がします。

とにかく、米寿のお祝いもその歳の方に最適な方法で準備し、思い出に残るものにしてあげたいですよね。

物より思い出をプレゼントすることが大切

温泉旅行

お祝いに後々に残る品物を贈るという考え方もありますが、孫の立場から言うと、品物より楽しい思い出を作ってあげることが大切だと思います。今現在、とても元気にみえても、やはり高齢者ということを考えると、病気やケガをしやすい点は否めません。

そのためなのか、やはり無理のない範囲で出掛けたり、ワイワイみんなで楽しい時間を過ごすなど、家族と一緒に幸せな時間を過ごすことこそ価値があるのではないでしょうか。

家族会を開きみんなでお祝いするのはとても良いことです。温泉旅行などもいかがでしょうか。バリアフリーの設備のある温泉ホテルなどで泊りがけでのんびり過ごし、おいしいものを食べ、家族みんなで語らうのも良いですよね。

こんな素敵なお祝いをしてもらって喜ばない祖父はいません。ぜひお祝いを企画する際は、おじいちゃんに負担のないような進行、スケジュールを組んで準備を念入りにしてください。

米寿を迎えるまでの人生を振り返るプレゼントもおすすめ

物より思い出

88歳は人生の節目の一つ。そのため、特別な節目である米寿に人生を振り返るようなプレゼントを贈り、これからの活力につなげてもらうのもおすすめです。

例えば、現在に至るまでの写真をアルバムやムービーなどにまとめて米寿祝いに贈るというのはいかがでしょうか。

思い出深い写真には子供や孫で一言コメントを付けて、エピソードを振り返ったり、当時の感謝の気持ちを伝えたりすると感動的な贈り物になります。気持ちの伝わるムービーやアルバムで家族の愛情を感じ、これからも長生きしたいという気持ちを強くしてもらえるでしょう。

生まれた日を知る記念日新聞

そのほか、生まれた日や結婚した日、子どもが生まれた日などの記念日新聞を贈るのもおすすめ。

当時の新聞はなかなか見る機会がないので、貴重な贈り物になります。紆余曲折の、厳しい時代を過ごしてきた現代の88歳の方々は、その人生について語るとき、いくら時間があっても足りないでしょう。

しかし、案外生まれたその日のことを知る人は少ないです。どんな出来事があり、何が流行っていたのかなど、おじいちゃん自身も知らないことがたくさんあるのではないでしょうか。

当時の新聞を一枚一枚見ながら、おじいちゃんが中心となって家族で会話を楽しむというのも特別な思い出になります。

米寿祝いに88年前の新聞をプレゼント!家族で会話を楽しむ素敵な時間に

旅行で新しい家族との思い出を作るのも良いですし、これまでの思い出を振り返られる贈り物もうれしい贈り物になります。米寿のおじいちゃんの体調や気持ちに合ったプレゼントを贈りましょう。

【体験談】アクティブなお爺ちゃんの米寿お祝い