米寿祝いに88年前の記念日新聞を!思い出を振り返るサプライズプレゼント!

88歳専用の黄色の瓶の名入れ酒の商品インフォグラフィック

大切な方への米寿祝いプレゼント、何を贈ろうか悩んでいる方におすすめなのが、88年前の記念日新聞です。生まれた日の新聞というのは多くの人が見る機会がなく貴重な贈り物になりますので、サプライズにピッタリ。

今回は、米寿祝いに思い出を振り返ることができる88年前の記念日新聞の魅力やおすすめの商品についてご紹介します。

 

米寿祝いには特別感を味わえるプレゼントを

88歳の米寿には特別感のあるプレゼントを

長く生きているとさまざまなお祝いごと「長寿祝い」があるものですが、その中でも特別感があるものといえば米寿です。

米寿というのは、米の漢字をバラバラにすると「八十八」になることから、88歳の歳にお祝いすることになりました。

日本人の平均寿命は、女性87.32歳、男性81.25歳(2018年調べ)という調査結果もでており、世界に誇れる長寿国ですね。そのため、米寿をお祝いする習慣が広まっていった時代と比べると、長寿祝いを経験する人の数は増えています。

今、88歳という歳を聞いても驚くほど長寿という認識はなくなっているのが現状です。でも、60歳の還暦や70歳の古希、77歳の喜寿に比べると、米寿は平均寿命を越えた年齢で迎えることのできるお祝いです。

だからこそもっと長生きしてずっと元気にいてもらえるように、一つ一つの長寿祝いと同じように、米寿を盛大にお祝いしてあげたいものです。

さて還暦祝いや喜寿のお祝いとはまた違った特別感を味わうことができるお祝いごと「米寿祝い」。それに見合うような素敵なプレゼントを贈ることができると良いでしょう

米寿祝いのイメージカラーは金・茶・黄色。このテーマカラーを意識しながら、米寿を迎える方の意向を聞きつつ、喜ばれるプレゼントをしてあげましょう。

 

米寿祝いに88年前の記念新聞をサプライズプレゼント

88歳のお祝いに贈る記念日新聞

最近は米寿祝いのプレゼントとして、88年前の記念日新聞を用意することが注目を集めています。

これは、1874年から対応することができるもので、生まれた日の日付で用意することもできますし、結婚記念日の日付で用意するという手もあるなど、考え方次第で色々な用意の仕方ができます。

母親に贈るのであれば、自分を産んでくれた日にして感動させるというのも良いでしょう。このように、日付にこだわって用意することができれば、喜びの度合いというのも違ってくるものでしょう。

記念日新聞を米寿祝いのプレゼントに選ぶメリット

記念日新聞は、昔の思い出を振り返ることができるとともに、ご家族と一緒に当時の話で盛り上がることができます。88歳というのは人生の大切な節目なので、これまでの人生を振り返ることができる記念日新聞はサプライズプレゼントになるでしょう。

現在の88歳の人が生まれた時代は、どんな時代だったのでしょうか。記念日新聞を見ると、その時代の大まかな出来事だけでなく、その日がどんな1日だったのかを知ることができます。

自分の生まれた時代のことはざっくり分かっても、生まれた日の出来事まで知っている人は少ないでしょう。ですから、誕生日の記念日新聞を取り寄せることで、88歳という人生の大先輩でも知らない情報に触れる機会となります

もしかしたら、私たちも記念日新聞に書かれた内容をもとにして、米寿を迎えたかたの生きた時代のことをより深く知ることができるかもしれませんね。

記念日新聞を入手する方法

88年前の新聞はネット検索すると、さまざまなサービスや商品を見つけることができ、以外と簡単です。

プリントサービスで人気のお店では、お父さんやお母さんなど相手別、新聞社別、予算別などで選ぶことができ、仕上がりもパズルタイプやクリアフォルダタイプなど、さまざまな種類から選べます。

表紙を付けられる商品もあり、名前やメッセージを入れることができるため、既製品にはない特別感を演出できます。世界に一つだけのプレゼントで米寿祝いを楽しんでもらいましょう。

最近では、コンビニエンスストアのコピー機で過去の新聞を印刷できるサービスもありますので、お急ぎの場合やオリジナルの新聞セットを作りたい場合にはおすすめです。

 

米寿祝いに名入れのお酒に記念日新聞が付いた商品もおすすめ

グッドデザイン賞受賞の88歳専用の酒なお、名前入りのラベルがついた日本酒に、この記念日新聞がついてくる商品もあります。ラベルに入った名前と88年前の記念日新聞という2つの効果で特別感を演出することができるものです。

名前入れギフトは、近年とても人気が高まっています。お酒好きであれば、やはりお酒の名入りボトルがおすすめ。一般的なラベルではなく、米寿にふさわしいデザインや、世界にひとつしかない特別感が、さらに満足度を高めてくれるはずです。

88年前の新聞を眺めて懐かしさを味わいながら米寿のお祝いをするというのは、なかなか素敵な時間の過ごし方だと言えるでしょう。

やはり「長寿祝い」はどれも特別なイベントになりますので、プレゼントもスペシャル感、サプライズ感があった方がより良いです。

世界に一つ、ここだけにしかないオリジナルのラベルがついたお酒。そして自分が生まれた日の出来事がわかる新聞までついているとなれば、「スペシャル感+サプライズ感」のあわせ技で、とても喜んでくれることでしょう。

そういう特別感が作れれば、のちのち「あの米寿のお祝いの時はこういうものをくれたよね」と印象に残る素敵な思い出も作れます。

米寿祝いの名入れ酒を取り扱っているお店はこちら

米寿祝いに88年前の新聞をプレゼント!家族で会話を楽しむ素敵な時間に

お酒が好きな父の米寿祝い!喜ばれるギフトはこれで決まり!

米寿を迎えた父のお祝い

米寿を迎えた父のお祝い

あなたのお父さんが米寿を迎えることは、とても喜ばしいことですね。長寿祝いはいくつかありますが、米寿をはじめそれぞれが一生に一度の大切な節目です。これからの健康を願う気持ちを込めて家族でお祝いしましょう。

お父さんに好みの食べ物や飲み物があるのであれば、お祝いの席でそれらを中心に用意すると楽しい席になることでしょう。もしお酒が好きであれば、お酒や酒器などお酒に関する贈り物がおすすめです。

今回は、米寿を迎えた父に贈るプレゼントの選び方や、特別なお酒を購入する方法についてご紹介します。

 

米寿の父に贈るプレゼントの選び方

日本では昔から長寿をお祝いする風習がありますが、還暦や古希は知っていても米寿は良く知らないという方は少なくないでしょう。米寿とは88歳のお祝いで、米という漢字を分けると八、十、八になることからこの名前が付いたと言われています。

還暦では赤いちゃんちゃんこ、米寿のお祝いでは黄色いちゃんちゃんこを贈ることが一般的となっています。実は、長寿祝いにはそれぞれテーマカラーがあります。還暦のテーマカラーは、よく知られているように、赤色。米寿の場合は、黄色や金茶色、金色がテーマカラーになっています。

ただ、黄色いちゃんちゃんこだけでは物足りなさを感じる方が多いです。そして、なかには黄色いちゃんちゃんこを着たくないという人もいます。そのため、あわせて実用品も用意しておくといいでしょう。

長寿祝いにふさわしいギフト選びのポイント

長寿祝いにふさわしいプレゼントって、何を選べば良いのか悩みますよね。基本的には、本人の趣味や生活で使いやすい実用的なものや、記念に残るものが人気が高いです。

例えば、湯呑みなど生活の中でよく使っているもの、マッサージチェアや枕など健康を意識したもの、日頃から嗜んでいるお酒に関連した贈り物、寄せ書きなど。特に、お酒はお祝いの席で場を盛り上げる効果があり、長寿祝いや誕生日などの贈り物としてよく選ばれています。

レアなお酒や普段あまり飲まない高級なお酒も良いですが、名前やメッセージが入ったものであれば特別感を演出することができ、いつまでも手元に残る記念品となります

米寿を迎えるお父さんの好みやライフスタイルに応じて、こういった実用的な贈り物を選んでみましょう。

 

米寿の父に贈る特別なお酒を購入する方法

インターネットで米寿祝いを注文

米寿を迎えたお父さんにプレゼントをあげたい、でも何をあげたらいいかわからない・・。そういう方は多いようですが、大手Yahoo!JAPANショッピングが、2015年4月に行った「1500人のお父さんに聞いた本音調査」というアンケートで、「父の日に子供から欲しいプレゼントは何ですか?」と質問したところ、一番人気はお酒でした。

ちなみにその次に欲しいものは「直筆のメッセージ・手紙」、その次が「手作りのもの」となっており、手紙や手作りのものなど気持ちが伝わりやすいプレゼントも喜ばれる傾向にあります。

とにかくそういう調査結果もありますので、お酒を飲む方なら日本酒が喜ばれることは間違いありません。またスーパーで売っているような日本酒ではなく特別注文で購入したものをプレゼントしましょう。

長寿祝いにおすすめな特別なお酒とは?

長寿祝いのような特別なイベントでは、スペシャル感を演出してあげることが大切です。ですので、できれば長寿祝いのプレゼントを専門に扱っているお店などで注文するのがベター

インターネットで注文すると両親の顔や名前をプリントしてくれる会社もあるのでおすすめです。お店によって異なりますが、米寿を迎える方の名前やオリジナルのメッセージ、贈り主の名前、記念日などを自由自在にラベルに入れることができる商品であれば、まさに世界に一つだけのお酒を贈ることができます。

記念日新聞付きのお店もある

長寿祝いの贈り物を販売するお店では、名入れのお酒に記念日新聞を添えてくれるお店もあります

記念日新聞は米寿の方の生まれた日や、結婚記念日、子供が生まれた日など、自由に日付を設定することができ、当時の思い出を振り返ることができます

思い出深い日の新聞を添えてもらい、ご家族で当時の思い出話に花を咲かせるというのも素敵な時間になります。

大好きなお酒を飲みながら、家族で一緒の時を過ごす時間は何よりのプレゼント。ぜひお父さまの好みのものや特別な一品を用意して、みんなで米寿をお祝いしましょう。

記念日新聞付き名入れのお酒が購入できるお店はこちら

米寿祝いに88年前の記念日新聞を!思い出を振り返るサプライズプレゼント!

 

オリジナルの一品で父の米寿をお祝いしよう

オリジナルの一品で父の88歳をお祝いしよう

最近では贈り物に名前を入れることが多くなっており、受け取った方もオリジナルの品物ですから喜びが違います。名前だけでなく一言メッセージを入れてもらうと一層喜ばれるでしょう

室内に飾るものでは花束や額縁、写真立ても人気があります。額縁には父親の似顔絵を描いてもらいメッセージを入れることも可能です。どこにでも売っているようなものを選ぶよりは、オリジナリティー溢れる一品の方がおすすめです。

名入れギフトが人気な理由

長寿のお祝いに、なぜ名前やメッセージ入りのギフトが人気なのか。なんとなく想像はつくかもしれませんね。何よりも、「自分のために特別なものを用意してもらえた」という満足感が得られるからではないでしょうか。

特に、ふだん言葉にして伝えにくいメッセージを入れてもらうと、素直に気持ちが伝わり心に響くギフトになるでしょう。名入れギフトの多くは、長く飾っておいて楽しむことができるものも多いです。米寿のお祝いが終わったあとも、目に届くところに飾っておけばその時の嬉しい思い出をいつも感じることができます。

米寿を迎えるお父さんも、そして家族にとっても、めでたい特別な日ですので、いつでもどこでも手に入るようなものよりは、印象に残るプレゼントをチョイスして、盛大にお祝いしてあげましょう。

そしてこれからもずっと元気に長生きしてほしいですね。

米寿祝いに名前を入れてサプライズ!その人だけの特別な贈り物をしよう

米寿祝いに人気のお酒とは?喜ばれるお酒の選び方をご紹介!

米寿祝いに贈る銘酒

米寿祝いに贈る銘酒

米寿祝いには米寿の方の趣味嗜好に合ったものなどをプレゼントすると喜んでもらえます。

もしも米寿の方がお酒好きの場合には、特別感のあるお酒のプレゼントを贈るのはいかがでしょうか。お酒は、様々なお祝いの場にふさわしいギフトになりますから、特にお酒好きな方には米寿祝いという特別な日に特別なお酒を贈るのがおすすめです。

今回は、米寿祝いに人気のお酒とはどのようなお酒なのか、喜ばれるお酒の選び方も合わせてご紹介します。

 

米寿祝いにはお酒のプレゼントがおすすめ

米寿を祝う

身内やお世話になった人が健康で長生きして米寿を迎えたとき、お祝いをしてあげる人は多いでしょう。祝賀会を催したり、記念品だけを贈ったりと、その方法は人それぞれで、さまざまな形があります。

どちらにしても、米寿のお祝いに喜んでもらえる贈り物選びは不可欠です。もらった相手が大喜びすれば贈った方も嬉しいものです。双方が喜べる米寿に相応しい贈り物は何が良いのか、頭を悩ます方も多いのではないでしょうか。

そこで米寿祝いの贈り物で人気なのが、お酒です。お酒は長寿祝いや誕生日などおめでたい場でプレゼントされることが多く、「酒は百薬の長」と呼ばれているほど健康効果が期待できることから健康を願うアイテムとしても知られています。

また、米寿の方だけでなくその場にいるご家族ともお酒は楽しめるのも魅力です。お酒好きな人に、市場に出回り難いプレミアムなお酒を贈れば、大喜びされることでしょう。

 

米寿祝いに贈るお酒の選び方

88歳のお祝いに贈るお酒の選び方

米寿祝いに喜ばれるお酒の選び方をご紹介します。

入手困難な人気の銘柄

人気の銘酒で入手が困難なお酒は多数あります。代表的なものでは、十四代、越乃寒梅、黒龍、八海山などです。これらは、お酒好きでなくても知られているほどの銘酒でありながら入手が困難です。

お酒好きなら、一度は飲んでみたいと思うお酒ですから、これが米寿に贈られたら、さぞかし驚かれて大喜びされることでしょう。これまでに嗜んだことがある方でも、その貴重さを知っているため満足度は高いはず。

こうした銘酒以外では、金粉入りのお酒を贈るのも華やかでおすすめです。

普段から愛飲しているお酒

日本酒

入手しずらい特別なお酒ではなく、愛飲しているお酒を贈ってももちろん喜ばれることでしょう。日本酒をいつも飲まれているのなら日本酒を、赤ワインなら赤ワインを、など米寿の方の好みに応じたものを選ぶことが大切です。

ふだん愛飲しているお酒を選ぶなら、その方の好みをきちんと把握しておくことが重要。たとえば、焼酎と一口で言っても、麦や米、芋、そばなどさまざまな種類があります。米寿の方がいつもどの種類のものを飲まれているのかリサーチしておきましょう。

どちらにしても言えることですが、どのタイプのお酒を贈るにしても、心から米寿を祝う気持ちが伝わることが一番大切なことです。

名入れのお酒

最近では、インターネットから長寿祝いプレゼント専門店にて、名入れのお酒を注文できるのをご存知でしょうか。長寿祝いにふさわしいテーマカラーなどを採用したボトルに、オリジナルのラベルを作成してくれるサービスが注目を集めています。

もし、長寿祝いに名入れボトルを選ぶのであれが、ラベルには米寿の祝いとメッセージを書き込むのがおすすめです。例えば「祝米寿!感謝」「祝米寿、いつもありがとう」などなど、感謝の言葉をラベルに入れ込んでもらいます。

こういう特別なお酒をプレゼントすることで、飲み干した後も、瓶を残しておいて貼られたラベルを見ては、喜びをかみしめることができますよね。自分の名前やメッセージの入ったお酒は、お祝いの席を一層盛り上げてくれます。お祝いに参加したみんなで飲むと、さらに楽しむことができそうですね。

今日本人の平均寿命はどんどん上がっているワケですが、それでも人生80年と言われ、長寿のイメージは80歳以上と感じている方が多いです。2018年の平均寿命は、女性87.32歳、男性81.25歳ですので、88歳を迎えることは長生きの証拠。米寿は、平均寿命を超えてから迎える最初の長寿祝いですから、その喜びもひとしおでしょう。

88歳まで生きてくれてありがとう!そういう感謝の言葉を特別なプレゼントと共に伝え、家族でお祝いしてあげることは非常に大事なことではないでしょうか。

米寿祝いの定番プレゼント。世界でひとつの名入れラベル

 

気持ちが伝わる米寿祝いを

気持ちが伝わる88歳のお祝いを

冒頭も書きましたが、長寿祝いの仕方はさまざまです。お祝いの会を開いたり、プレゼントだけあげたり、人それぞれあると思います。ただ、一番大事なのは気持ち。大切な人が米寿を迎えることができた喜びや、これからの無病息災を祈る気持ち、日頃の感謝を込めて、どのような形でお祝いすると喜ばれるのか考えることが大切です。

ぜひ、米寿のお祝いではその気持ちをきちんと行動に移して、家族の絆を深めてほしいですね。

米寿を祝う気持ちを込めて…唯一無二の商品を贈ろう

米寿祝いに88年前の新聞をプレゼント!家族で会話を楽しむ素敵な時間に

88年前の新聞を贈る

88年前の新聞を贈る

米寿のお祝いに何を送れば喜んでもらえるのか、悩む方が多いものです。米寿を迎える方の中には物欲がないという方も多く、家族との思い出のプレゼントの方が喜ばれる場合もあります。そのような場合におすすめなのが、思い出を振り返ることができる88年前の新聞のプレゼント

自分が生まれた当時の新聞を見ることは楽しく、自分が中心となって家族と会話を楽しんで過ごす時間がうれしいと感じる方は少なくありません。

今回は、現在の平均寿命に触れながら、米寿祝いのお祝いの方法や88年前の新聞の魅力についてご紹介します。

 

平均寿命が延び米寿を迎える方も増加

88年前の話を聴く

日本は、1970年に「高齢化社会」に、1995年に高齢社会に、2010年に超高齢化社会に突入しています。

全人口に対し、65歳以上の人口が7%超になると「高齢化社会」、14%超になると「高齢社会」、21%超になると「超高齢化社会」という名称で呼ばれるのですが、日本の人口の5分の1が65歳以上だなんて、すごい時代になりましたね

それに伴い、平均寿命もぐんぐんと伸びていき、今や世界に誇る長寿国です。2018年調べの日本人の平均寿命は女性87.32歳、男性81.25歳だったそう。男女ともに平均寿命が80歳を越え、人生80年時代と言われるようになりました。

長寿祝いが庶民に浸透しだした江戸時代は、平均寿命が3~40歳くらいだったともいわれていますので、昔の人たちにとっては今の時代は夢みたいな世界なのではないでしょうか。

さて、日本はこのような超高齢化社会になっていますので、米寿を迎える人も増加しています。長寿祝いの一つである「米寿」は、漢字で書くと八十八歳が、米という字に見えることから「米寿(べいじゅ)」とされています。

 

米寿のお祝い方法

88歳のお祝い方法

米寿は人生の大切な節目。米寿をお祝いをする際には、家族で食事会を開いたり、お祝いの席でプレゼントを渡したりするのが一般的です。

米寿のお祝いの席を設ける際に心がけるべきことは、家族の時間を大切にすること。特に、子どもや孫と離れて暮らしているという場合には、家族と過ごす時間がどんな贈り物よりもうれしいと感じる方が多いものです

自宅でお祝いする際には家族や親族を集めてホームパーティーのような形にしたり、レストランなど外食でお祝いする場合には家族水入らずで楽しめるように個室のある場所を選んだりするなどしましょう。

そして、お祝いの席に欠かせないものといえばプレゼント。米寿の方が日頃から欲しがっていたものや生活に密着した実用的な品、似顔絵などの記念品、名入れギフトが人気です。

また、手作りのアルバムや家族写真を使ったムービーといったこれまでの人生を振り返ることができるプレゼントも喜ばれます。手作りしたものを準備する時間がない場合には、生まれた日の新聞などの記念日新聞を贈るのがおすすめです。

 

米寿祝いにおすすめの生まれた日の新聞

88歳のお祝いにおすすめの生まれた日の新聞

米寿に関わらず様々な日本の長寿祝いでは、家族や親せき、友人など周りにいる者で盛大にお祝いするというのが通例となっていますよね。みんなで米寿のお祝いをする際、ぜひプレゼントしたいのが88年前の本人が生まれた日の新聞です。

生まれたときは、読むことができませんが、この米寿のお祝いの席にならふさわしいものです。時代の変化は、年々加速するようにさまざまなものにあらわれています。しかし、ただ新しいものを喜ぶのではなく88年の時代を懐かしむことも楽しいものです。

特に、高齢者だけでなくだんだん年齢を重ねてくると昔のことを思い出したり、あのころは・・と回想することが「ほのぼの」できて楽しくなるものです。

記念日新聞の魅力

自分の生まれた日の新聞を見ると、その当時の社会情勢や出来事を今の現在と比べることもできます。そして、意外な楽しみが新聞記事だけでなくその片隅などに掲載されている当時の広告です。今では、見ることがない商品が多く掲載されています。懐かしさと、驚きが体験できます。それを、米寿を迎えた本人を交えて話題にすると新鮮な気分を楽しむことが可能です。

長寿祝いは、当たり前ですが長寿を迎える方が主役です。その方が生まれた日にどんなことが起きたのか、その席に集った人たちの話題の中心になることで、いつもよりもきっと楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

記念日新聞は、もらった本人ももちろん嬉しいですが、その新聞をもとに話されるエピソードが勉強になると感じる人も多いです。まだ自分が生まれていない時代の出来事を、米寿を迎える方から教えてもらえる機会になります。

現在米寿を迎える人々は、さまざまな試練を乗り越えて力強く生きてきた方々です。若い頃には戦争などの影響で辛い経験をしたことのある人もいるでしょう。そういった人生の歴史を聞くと、より一層長生きしてもらいたいと願う気持ちが強くなるのではないでしょうか。

88年前の記念日新聞を入手する方法

88年前の記念日新聞を入手するのは、そんなに難しいことではありません。インターネットから入手することも可能でとても便利です。

プリントサービスを展開する会社のなかには、記念日新聞に表紙をつけるなどのサービスを行っているところもあります。

時間がない場合は、コンビニのコピー機から過去の新聞を印刷できるサービスを利用するのもおすすめです。

長寿祝いのギフトを扱うお店では、お酒とともに記念日新聞をつけてくれるサービスを行っているところもあります。

新聞は、その本人が誕生して今まで生きてきた証にもなります。現在の新聞と比べると文字や言葉、細かい部分などにも様々な違いがあります。今も昔もいろんな意味で生きていくことは大変ですが、無事に米寿を迎えれたことは本当におめでたいことです。そのお祝いのひとつに、必ず88年前の新聞は役にたちます。

米寿祝いに88年前の記念日新聞を!思い出を振り返るサプライズプレゼント!

米寿のお祝いプレゼントと選び方!特別な瞬間に最適なプレゼントを贈ろう

米寿祝いとプレゼント

米寿祝いとプレゼント

人生に一度の米寿のお祝い。88歳を迎える米寿の方に喜んでもらいたいと、プレゼント選びに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

米寿祝いのプレゼントには、いつもの誕生日とは違ったお祝いプレゼントを贈ると特別感を演出することができ喜んでもらえます。

そこで、今回は米寿のお祝いプレゼントと選び方についてご紹介します。

 

米寿祝いプレゼントにはユニークなアイテムを

88歳のお祝いプレゼントにはユニークなものを

プレゼントというのは、いつもお世話になっている方へのお歳暮のようなギフトから、家族や友達・友人への誕生日プレゼントなどなどいろいろなシーンで行うものですが、その中身についてもお花や洋服など、色々な物を用意するものです。

ただ、長寿祝いのプレゼントというとそのような日常のプレゼント・ギフトとは特別感が違ってきます。長寿祝いはそれぞれが一生に一度のかけがえのないもの。ですので、このような長寿のお祝いをする特別なタイミングの時というのは、そういったタイミングにピッタリのユニークな物をプレゼントすることができると、喜びもひとしおだと言えるでしょう。

ちなみに長寿のお祝いである「年祝い」は、

  • 61歳(還暦)
  • 70歳(古希)
  • 77歳(喜寿)
  • 80歳(傘寿)
  • 88歳(米寿)

など、61歳からずっと10歳前後の間隔でお祝いしていくことになるのですが、今回は特に「米寿」について取り上げてみたいと思います。

「米寿」は、この漢字「米」が「八」と「十」と「八」になるので、88歳のお祝いの由来となりました。また、昔から「八」という漢字が末広がりで幸運の数とも呼ばれ縁起が良いと言われており、さらに「八十八」という数字自体を吉事としていたとも言われています。

そのことから「88歳」についても非常に縁起の良い歳「米寿」としてお祝いされています。

 

米寿のお祝いプレゼントと選び方

88歳のお祝いプレゼントの選び方

さて、米寿のプレゼントを用意する時に意識しておきたいことは、渡す相手の性格です。これは、プレゼント全般に言えることではありますが、米寿のプレゼントでも大事なことで、それを意識するかしないかで受け手の反応というのは変わってくるものです。

似顔絵というプレゼント

例えば、かわいらしい物が好きな人であれば、似顔絵をプレゼントするという手があります。米寿のお祝いとして写真撮影をしてそれを飾ることを考えている人もいるでしょうが、似顔絵というのは写真には出すことができないかわいらしさやユニークさというのがあるものです。

その似顔絵を飾っておくだけでも十分素敵ですし、似顔絵を持った状態で写真撮影をして、その写真を飾るようにするのも面白いでしょう。なお、似顔絵を手配する時には、似るまで無料で修正してくれる業者もありますから安心です。

お孫さんがいる方なら、お孫さんが描いた似顔絵も大変喜ばれます。もし、似顔絵を手書きで描くことが難しい場合や、高クオリティのものを贈りたい時には、プロの似顔絵師に任せるのもアリ。

また、業者に依頼する際には、単に似顔絵を描いてもらうだけでなく、メッセージや名前を入れてもらうこともできますから、特別なタイミングである米寿のお祝いにピッタリだと言えます。

米寿のプレゼントにメッセージを添えて

名入れのプレゼント

普段から趣味を楽しまれる時に使っている、日常的に使っているものがある場合には、そちらのアイテムに名前やメッセージを入れてプレゼントするのもおすすめ

例えば、登山を楽しまれている方には名入れのトレッキングポール、日頃からお茶をよく飲まれている方には名入れの湯呑み、自宅で過ごす時間が多い方には名入れの置時計など。米寿の方のライフスタイルや習慣に応じて検討してみましょう。

アイテムによっては名前やメッセージ以外にも似顔絵をプリントできるものもあり、世界に一つしかないオリジナルギフトを贈ることができます。

名入れギフトを贈るメリットは、「自分のために特別なものをつくってもらえた」という満足感が得られることです。さらに、そのプレゼントが実用性を兼ね備えたものであれば、使うときにふと米寿を祝ってもらった時の嬉しい気持ちが蘇ります。

米寿の方のこれからの生活がより楽しくなり、応援するような素敵なアイテムをプレゼントしましょう。

米寿祝いに名前を入れてサプライズ!その人だけの特別な贈り物をしよう

フラワーギフト

フラワーギフト

お花が好きな方やお祝い事で花束をもらった経験が少ないという方には花・フラワーギフトの贈り物が喜ばれます。

フラワーギフトはお祝いの席を盛り上げるプレゼント。特別な米寿祝いのひと時を演出するのに最適な贈り物と言えます

米寿を迎える方のなかには、病気やケガなどで介護や看病を受けながら生活している方も多いです。そんな方にも、フラワーギフトはふさわしいプレゼントになりますし、飾っておくだけなので手間をとらせません。

米寿のお祝いカラーの金色や黄色にちなんで、黄色やオレンジ色など明るい色味の花束を検討してみましょう。花屋さんやフラワーショップに贈る目的や予算を伝えれば、米寿のお祝いにふさわしい花束を作ってもらうことができます。

最近では手入れ不要のプリザーブドフラワーの贈り物も人気があります。プリザーブドフラワーは、生花の質感はそのままに、長期間鑑賞できるように加工が施されたお花のこと。

ドライフラワーとは違った、柔らかい花びらとキレイな発色が特徴で、保管環境によってはずっと良い状態を保てます。米寿の方の負担を考えながら、生花にするかプリザーブドフラワーにするか決めましょう。

フラワーギフトには、手紙やメッセージカードを添えるとお祝いの気持ちが伝わりやすく、より特別感を演出することができます。

米寿祝いにぴったりの花の贈り物|季節別のおすすめの花や選ぶ際のポイント!

そのほか、膝の負担を減らすために厚手の黄色座布団、足腰に不安のある方に座椅子、睡眠に悩んでいる方には枕やマットレスなど、相手の性格や状態を意識しながら健康に関する贈り物をするのも一つの手です。

さらに、年を重ねるとより一層食べることが楽しみになるといいます。ふだんとは違う食材を使って豪華な料理を用意したり、負担のない範囲で外食したりしながら、お祝いをするものおすすめです。

とにかく一生に一度しかない「米寿のお祝い」ですので、特別感のあるものをプレゼントしてお祝いしてあげましょうね。

祖父に贈る米寿のお祝い!喜ばれるプレゼントや贈りかたとは?

米寿の祖父に徳利とお猪口

米寿の祖父に徳利とお猪口

米寿を迎えるおじいちゃんに、お祝いの気持ちが伝わる贈り物をしましょう。渡す際に少々工夫をするだけでもいつもとは違ったひと時をプレゼントすることができます。

そこで、今回は米寿の祖父へのプレゼントの選び方や、祖父が喜ぶおすすめのプレゼントの渡し方をご紹介します。

 

祖父に贈る米寿祝いプレゼントの選び方

88歳の祖父に贈るプレゼントの選び方

88歳は「米寿」という「年祝い」に該当し、家族などで食事会を開いたり、プレゼントをあげたりして長寿をお祝いするのが一般的です。

「年祝い」には一番有名な「還暦」、そして「米寿」のひとつ前のお祝いである傘寿(80歳)などなど、様々な種類があります。今は超高齢化社会になり平均寿命も上がっていますが、そんな現代でも88歳というと結構な長生きですよね。

自分のおじいちゃんやおばあちゃんが88歳米寿を迎えた場合、今はネットでプレゼントを探す方も多いと思います。ネットならば自分でお店に出むく必要もないですし、商品を選ぶ幅もぐっと増えます。

インターネットでプレゼントを検索すると、実に様々なものがそろっているのですが、長寿祝いのプレゼントを選ぶ際に注意すべきは「本人が好むものをあげること」です

88歳にもなると、生活に必要なものは既に全部揃っています。むしろ、不要なものは減らしていきたいと考える人が多いため、タンスの肥やしになりそうなものは、あまり喜ばれません。もちろん、プレゼントが何であれ、「気持ちが嬉しい」と言ってくれる方が多いと思いますが、贈る側としては心から喜んでもらえるものを選びたいところですね。

米寿の方の好みでないもの・関心のないものを贈ってしまうと、タンスの肥やしになってしまう恐れがありますので、事前に趣味嗜好をリサーチしておきましょう。

 

米寿の祖父に贈るおすすめプレゼント

88歳の祖父に贈るおすすめプレゼント

ここでは、米寿の祖父に贈りたくなる、おすすめのプレゼントをご紹介します。

徳利とお猪口の晩酌セット

もし、うちのおじいちゃんはまだまだとっても元気だから日々楽しんでもらえるものを、という方には、徳利とお猪口の晩酌セットがおすすめです。お酒好きな方には特に喜ばれるでしょう。

この「米寿」という特別な行事を記念した新しい徳利とお猪口で、これから気分も新たに楽しくお酒を飲んでもらい、もっと長生きしてもらいたい、という気持ちを込めて贈ってみては。

お店によっては、米寿祝いにふさわしい加工をしてくれるところもあります。徳利やお猪口に長寿をお祝いするメッセージ「おじいちゃん長生きしてね」「いつもありがとう」「健康でいてね」、さらにおじいちゃんの名前などを入れてもらうと、より特別感が増しますね。

お祝いメッセージを入れてもらうだけで、世界に一つだけのオリジナルプレゼントになり、見るたびに温かい気持ちになってもらえます。

お猪口はペアにもできるので、おばあちゃんも健在なら2つセットでプレゼントすれば、仲良く一緒にお酒を楽しんでもらえます。

名入れのお酒

お酒は、さまざまなお祝いの場で欠かすことのできないものです。ですから、長寿祝いのギフトにもぴったり。

お酒が好きなおじいちゃんには、名前やメッセージをラベルに入れた名入れのお酒がおすすめです。オリジナルメッセージや米寿を迎える方の名前、贈り主の名前、記念日などを自由自在に入れることができ、まさにフルオーダーのオリジナルラベルを作ることができます

長寿祝い専門店では、お酒に金箔が入っている、黄色の瓶にお酒を詰めてくれる、黄色の高級風呂敷にお酒を包んでくれる、というように、米寿祝いにふさわしい演出やサービスをしてくれるお店もあります。

焼酎やワイン、日本酒などお酒の種類は豊富ですので、おじいちゃんがいつもどんなお酒を楽しまれているのかリサーチしておきましょう。

米寿祝いの定番プレゼント。世界でひとつの名入れラベル

そのほか、おじいちゃんの趣味に関するものや欲しがっているもの、湯呑みや座布団など実用的な贈り物も人気があります。ぜひおじいちゃんに好みに合った特別なものを贈ってみましょう。

 

祖父が喜ぶ!おすすめの米寿プレゼントの渡し方

88歳の祖父が喜ぶプレゼントの渡し方

米寿を迎えたおじいちゃんへ贈るプレゼントですが、渡す際にちょっとオリジナリティを加えるだけで特別な瞬間を演出することができます。

ここでは、例として徳利とお猪口の晩酌セットを贈ることを想定して、祖父が喜ぶおすすめの米寿プレゼントの渡し方をご紹介します。

これからの健康を願う言葉を伝える

おじいちゃんのことを思って用意したプレゼント。「はい」と渡すのは、なんだか素っ気ないですよね。せっかくのおめでたいお祝いですから、恥ずかしくても何らかの言葉を添えましょう。

ふつうは、「おめでとう」などの言葉が言いやすいでしょう。でも、そこはもう少し頑張って、これからの健康や長寿を願う言葉をしっかり伝えてみてはいかがでしょうか。

手渡す時は、実の息子娘からでもいいですし、孫やひ孫が「おじいちゃん、これからも長生きしてね」と言いながら渡せば、おじいちゃんから笑みがこぼれ、長生きの活力がわいてくること間違いなしです。

孫やひ孫からの似顔絵も添えて

米寿にひ孫からのプレゼント

息子娘はもちろん、孫やひ孫のお手紙を添えてもいいでしょうし、小さなお子さんがいるなら、親御さんが手伝っておじいちゃんが美味しそうにお酒を飲んでいる絵を描かせて、その絵とともにプレゼントしても素敵なサプライズになります。

プレゼントを渡したら、おじいちゃんにそれを持ってもらい、家族で記念写真を撮ると思い出の一枚ができあがりますね。

記念に残るプレゼントは、米寿を迎える方にとても喜ばれます。似顔絵や手紙、寄せ書き、写真など、米寿のお祝いを楽しく過ごせたという記念が残れば、いつでも見返して嬉しい気分が蘇りますね。

やはりこういう長寿のお祝いは、これまでのお誕生日祝いなどとは違いを出し、特別な演出をすることで、年祝いを迎える本人にとっても、周りの家族にとっても記憶に残る素敵なお祝いにすることができるのです。

ぜひ皆さんとことんこだわって、おじいちゃんを喜ばせてあげてください。

米寿の祖父にお祝いを!おじいちゃんが笑顔になるお祝い方法を考えよう

米寿お祝いに人気のプレゼント5選!迷った時はこれで決まり!

米寿祝いのプレゼント

米寿祝いのプレゼント

大切な方の米寿祝いには、印象的で思い出深いプレゼントを贈りたいと考える方は多いもの。米寿祝いは一生に一度の特別なお祝い事なので、特別な瞬間に合わせたプレゼントを贈りましょう。

今回は、プレゼント選びに迷った際に役立つ、米寿祝いに人気のおすすめプレゼント5選をご紹介します。

 

米寿のプレゼントに迷ったら?

88歳のお祝いプレゼント選びに迷ったら?

88歳というと日本では「米寿」といって家族や親せきで長寿をお祝いするしきたりがあります。食事会を開いてお祝いする家庭が多いですが、プレゼントをあげることも通例となっています。

そもそもお祝い事ですので、プレゼントをして喜ばせたいと思われる方がほとんどだと思います。しかし、肝心の「プレゼント」については、何をあげたら良いのか分からないという人も多いようです。

確かにこれまでの誕生日プレゼントなどとは違い、長寿をお祝いする日本の伝統的な慣例ですので、悩んで当然かもしれません。プレゼントといっても、この「米寿」ならではの贈り物があるのかな?など気になる方も多いと思います。

そんなときには、米寿祝いで人気のプレゼントの中から選ぶのがおすすめです。米寿祝いに人気のプレゼントは多くありますので、米寿の方の性格や好み、ライフスタイルに応じたものを選んでみましょう。

 

米寿祝いに人気のプレゼント5選

88歳のお祝いに人気のプレゼント5選

早速、米寿のお祝いに人気のプレゼントを5つご紹介します。

手作りのアイテム

思い出アルバム

まず人気なのが、手作りのものです。手作りのものは、市販品とは違うほのぼのとした温かみを感じ、個性が出るもの。例えば、思い出アルバムや寄せ書き、似顔絵などがあるでしょう。

特に、思い出アルバムはおすすめです。祖父母の結婚式の写真や孫や親戚との思い出の写真などをオリジナルアルバムにし、表紙にお祝いしたい人の写真を飾ればオリジナル感が出ます。思い出アルバムなら、絵心に自信がなくても大丈夫ですね。

長寿祝いに限らず「手作りのもの」というのは心がこもっていて気持ちが伝わりやすいので、どのようなギフトシーンでも喜ばれ、もらった方の記憶にも残せる価値あるものですよね。

きっと、米寿のお祝いに手作りのプレゼントをもらったら、その後もふとした時に手に取り、嬉しい気持ちを思い出してもらえるでしょう。

名入れ酒と生まれた日の新聞

生まれた年や、生まれた日の新聞などをプレゼントするのもおすすめです。その日何があったのか興味を持ってくれるのではないかと思われます。米寿を迎える方の生まれた年は88年前ですが、この時代に発行された新聞のコピーを入手することができるのをご存じですか?

長寿をお祝いする方が生まれた年や日の新聞をギフトにできるサービスがあり、特に名入れ酒を扱っているお店でよく見かけます

お酒が好きな方ならそういう名入れラベルのお酒をプレゼントすればお祝いの席でも盛り上がれますよね。

インターネットで長寿祝いのプレゼントを扱う専門店などには、かなりいろいろな商品がそろっており、日本酒・焼酎・ワインなどからお酒の種類が選べたり、価格も1,000円前後から2万円以上まで幅広い価格帯のものがラインナップされています。

ぜひ「記念日新聞」や「名入れ酒」などインターネットで探してみてくださいね。またそのプレゼントに手紙を添えれば、より思い出深いお祝いになるはずですよ。

記念日新聞のサービスがあるお店はこちら

米寿祝いに88年前の記念日新聞を!思い出を振り返るサプライズプレゼント!

膝掛け

ひざにかけるブランケット

さらに、日頃から使う帽子や寒い季節に使ってもらうことのできる膝掛けなども重宝されるので、人気があります。米寿祝いをするタイミングが、敬老の日など秋・冬になる場合は、すぐ使えて便利なのでおすすめ。

特に、冷え性のおばあちゃんやおじいちゃんには喜ばれる贈り物です。冷えを感じたときに使ってもらいやすいように、肌触りの良い素材で持ち運びしやすいものを選びましょう

デザインも米寿の方好みのものを選ぶと愛着を持って使ってもらえます。

座布団

長寿のお祝いの定番プレゼントの一つである座布団。座る際に膝の負担を減らすことができることから、健康を気遣うアイテムとして人気です。どこでも使ってもらえるよう持ち運びしやすい大きさで軽量の物を選びましょう

また、米寿祝いのテーマカラーは金色や黄色であることから、厚手の黄色座布団をプレゼントするのがおすすめ。高級な素材で光沢があるものや、鶴など縁起の良い刺繍が入ったものを選ぶなどすると、米寿祝いらしい贈り物になります。

もちろん、米寿のテーマカラーに必ずしなければならない、という決まりはありません。お年寄り扱いされることが苦手、という方は、かえって長寿祝いのテーマカラーを身に付けたり使ったりすることを喜ばしく感じない人もいますから、あくまでも米寿を迎える方の好みに合わせましょう。

旅行や食事会

米寿祝いの思い出を

ほかには、元気であれば親戚などで旅行をしたり、家でお祝いした場合にはケータリングで美味しい物を食べるというのも人気です。旅行までとはいかなくても、近場のちょっと高級な食事処でご飯を食べるのもおすすめ。

米寿を迎える方の身体的な状況は様々です。身体が不自由で家から出ることが負担なら、あまり無理をして外出しなくても、家で十分にお祝いできます。せっかくですので、ケーキなどを用意すれば、場はより華やかになります。色々なプレゼントがありますが、お祝いしたい人の好みに合わせてプレゼントを選ぶことが大切です。

米寿祝いに人気商品とは?米寿プレゼントの選び方やおすすめの品!