米寿祝いに88年前の記念日新聞を

88歳専用の黄色の瓶の名入れ酒の商品インフォグラフィック

長く生きているとさまざまなお祝いごと「長寿祝い」があるものですが、その中でも特別感があるものといえば米寿です。

米寿というのは、米の漢字をバラバラにすると「八十八」になることから、88歳の歳にお祝いすることになりました。

日本人の平均寿命は、女性87.14歳、男性80.98歳(2016年調べ)という調査結果もでており、今88歳という歳を聞いても驚くほど長寿という認識はなくなっているのが現状です。

しかし、だからこそもっと長生きしてずっと元気にいてもらえるように、一つ一つの長寿祝いを盛大にお祝いしてあげたいものです。

さて還暦祝いや喜寿のお祝いとはまた違った特別感を味わうことができるお祝いごと「米寿祝い」。それに見合うような素敵なプレゼントを贈ることができると良いでしょう。

米寿祝いのイメージカラーは金・茶・黄色。このテーマカラーを意識しながら、米寿を迎える方の意向を聞きつつ、喜ばれるプレゼントをしてあげましょう。

また、最近は米寿祝いのプレゼントとして、88年前の記念日新聞を用意するという方法があります

これは、1874年から対応することができるもので、生まれた日の日付で用意することもできますし、結婚記念日の日付で用意するという手もあるなど、考え方次第で色々な用意の仕方ができます。

グッドデザイン賞受賞の88歳専用の酒

母親に贈るのであれば、自分をうんでくれた日にして感動させるというのも良いでしょう。このように、日付にこだわって用意することができれば、喜びの度合いというのも違ってくるものでしょう。

なお、名前入りのラベルがついた日本酒に、この記念日新聞がついてくる商品もありますから、ラベルに入った名前と88年前の記念日新聞という2つの効果で特別感を演出することができるものです。

88年前の新聞を眺めて懐かしさを味わいながら米寿のお祝いをするというのは、なかなか素敵な時間の過ごし方だと言えるでしょう。

やはり「長寿祝い」はどれも特別なイベントになりますので、プレゼントもスペシャル感、サプライズ感があった方がより良いです。

世界に一つ、ここだけにしかないオリジナルのラベルがついたお酒。そして自分が生まれた日の出来事がわかる新聞までついているとなれば、「スペシャル感+サプライズ感」のあわせ技で、とても喜んでくれることでしょう。

そういう特別感が作れれば、のちのち「あの米寿のお祝いの時はこういうものをくれたよね」と印象に残る素敵な思い出も作れます。

米寿を迎えた父への贈り物

米寿を迎えた父のお祝い

米寿を迎えた父のお祝い

日本では昔から長寿をお祝いする風習がありますが、還暦や古希は知っていても米寿は良く知らないという方は少なくないでしょう。米寿とは88歳のお祝いで、米という漢字を分けると八、十、八になることからこの名前が付いたと言われています。

還暦では赤いちゃんちゃんこ、米寿のお祝いでは黄色いちゃんちゃんこを贈ることが一般的となっています。ただ黄色いちゃんちゃんこだけでは物足りなさを感じる方が多いため、あわせて実用品も贈るといいでしょう

特別なお酒をインターネットで注文しよう

インターネットで米寿祝いを注文

米寿を迎えたお父さんにプレゼントをあげたい、でも何をあげたらいいかわからない・・。そういう方は多いようですが、大手Yahoo!JAPANショッピングが、2015年4月に行った「1500人のお父さんに聞いた本音調査」というアンケートで、「父の日に子供から欲しいプレゼントは何ですか?」と質問したところ、一番人気はお酒でした。

ちなみにその次に欲しいものは「直筆のメッセージ・手紙」、その次が「手作りのもの」となっており、手紙や手作りのものなど気持ちが伝わりやすいプレゼントも喜ばれる傾向にあります。

とにかくそういう調査結果もありますので、お酒を飲む方なら日本酒が喜ばれることは間違いありません。またスーパーで売っているような日本酒ではなく特別注文で購入したものをプレゼントしましょう。

こういう特別なイベントでは、スペシャル感を演出してあげることが大切です。ですので、できれば長寿祝いのプレゼントを専門に扱っているお店などで注文するのがベター。

インターネットで注文すると両親の顔や名前をプリントしてくれる会社もあるのでおすすめです。

最近では贈り物に名前を入れることが多くなっており、受け取った方もオリジナルの品物ですから喜びが違います。名前だけでなく一言メッセージを入れてもらうと一層喜ばれるでしょう

室内に飾るものでは花束や額縁、写真立ても人気があります。額縁には父親の似顔絵を描いてもらいメッセージを入れることも可能です。どこにでも売っているようなものを選ぶよりは、オリジナリティー溢れる一品の方がおすすめです。

米寿を迎えるお父さんも、そして家族にとっても、めでたい特別な日ですので、いつでもどこでも手に入るようなものよりは、印象に残るプレゼントをチョイスして、盛大にお祝いしてあげましょう。

そしてこれからもずっと元気に長生きしてほしいですね。

米寿祝いに人気のお酒

米寿祝いに贈る銘酒

米寿を祝う

身内やお世話になった人が健康で長生きして米寿を迎えたとき、お祝いをしてあげる人は多いでしょう。祝賀会を催したり、記念品だけを贈ったりと、人それぞれでしょう

どちらにしても米寿のお祝いに喜んでもらえる贈り物を渡したいと思うでしょう。もらった相手が大喜びすれば贈った方も嬉しいものです。双方が喜べる米寿に相応しい贈り物は何が良いのか、頭を悩ますのは誰もでしょう。

そこで米寿祝いの贈り物で人気なのが、お酒です。お酒好きな人に、市場に出回り難いプレミアムなお酒を贈れば、大喜びされることでしょう。

人気の銘酒と普段から愛飲しているお酒どちらも喜ばれます

米寿祝いに贈る銘酒

人気の銘酒で入手が困難なお酒は多数あります。代表的なものでは、十四代、越乃寒梅、黒龍、八海山などがあります。これらは、お酒好きでなくても知られているほどの銘酒でありながら入手が困難です。

お酒好きなら、一度は飲んでみたいと思うお酒ですから、これが米寿に贈られたら、さぞかし驚かれて大喜びされることでしょう。こうした銘酒以外では、お祝いに相応しい金粉入りのお酒を贈るのも華やかでいいでしょう。

こうした特別なお酒ではなく、愛飲しているお酒を贈ってももちろん喜ばれることでしょう。どのタイプのお酒を贈るにしても、心から米寿を祝う気持ちが伝わることが一番大切なことです。

また、最近ではインターネットの長寿祝いプレゼント専門店にて、名入れのお酒を注文できるのをご存知でしょうか。

ラベルには米寿の祝いとメッセージを書き込むのがおすすめです。例えば「祝米寿!感謝」「祝米寿、いつもありがとう」などなど、感謝の言葉をラベルに入れ込んでもらいます。

こういう特別なお酒をプレゼントすることで、飲み干した後も、瓶を残しておいて貼られたラベルを見ては、喜びをかみしめることができますよね。

今日本人の平均寿命はどんどん上がっているワケですが、それでも人生80年と言われ、長寿のイメージは80歳以上と感じている方が多いです。

ですので、88歳まで生きてくれてありがとう!そういう感謝の言葉を特別なプレゼントと共に伝え、家族でお祝いしてあげることは非常に大事なことではないでしょうか。

冒頭も書きましたが、そのお祝いの仕方はお祝いの会を開いたり、プレゼントだけあげたり、人それぞれあると思います。ただ、一番大事なのは気持ちだと思います。

ぜひその気持ちを思っているだけではなく、きちんと行動に移して、家族の絆を深めてほしいですね。

米寿祝いに88年前の新聞プレゼント

88年前の新聞を贈る

88年前の新聞を贈る

日本は、1970年に「高齢化社会」に、1995年に高齢社会に、2010年に超高齢化社会に突入しています。

全人口に対し、65歳以上の人口が7%超になると「高齢化社会」、14%超になると「高齢社会」、21%超になると「超高齢化社会」という名称で呼ばれるのですが、日本の人口の5分の1が65歳以上だなんて、すごい時代になりましたね。

それに伴い、平均寿命もぐんぐんと伸びていき、2016年調べの日本人の平均寿命は女性87.14歳、男性80.98歳だったそうです。長寿祝いが庶民に浸透しだした江戸時代は、平均寿命が3~40歳くらいだったともいわれていますので、昔の人たちにとっては今の時代は夢みたいな世界なのではないでしょうか。

さて、このような超高齢化社会になっていますので、米寿を迎える人も増加しているのですが、長寿祝いの一つである「米寿」は、漢字で書くと八十八歳が、米という字に見えることから「米寿(べいじゅ)」とされています。

米寿に関わらず様々な日本の長寿祝いでは、家族や親せき、友人など周りにいる者で盛大にお祝いするというのが通例となっていますよね。みんなで米寿のお祝いをする際、ぜひプレゼントしたいのが88年前の本人が生まれた日の新聞です。

生まれたときは、読むことができませんが、この米寿のお祝いの席にならふさわしいものです。時代の変化は、年々加速するようにさまざまなものにあらわれています。しかし、ただ新しいものを喜ぶのではなく88年の時代を懐かしむことも楽しいものです。

特に、高齢者だけでなくだんだん年齢を重ねてくると昔のことを思い出したり、あのころは・・と回想することが「ほのぼの」できて楽しくなるものです。

88年前の話を聴く

新聞なので、その当時の社会情勢や出来事を今の現在と比べることもできます。そして、意外な楽しみが新聞記事だけでなくその片隅などに掲載されている当時の広告です。今では、見ることがない商品が多く掲載されています。懐かしさと、驚きが体験できます。それを、米寿を迎えた本人を交えて話題にすると新鮮な気分を楽しむことが可能です

新聞は、その本人が誕生して今まで生きてきた証にもなります。現在の新聞と比べると文字や言葉、細かい部分などにも様々な違いがあります。今も昔もいろんな意味で生きていくことは大変ですが、無事に米寿を迎えれたことは本当におめでたいことです。そのお祝いのひとつに、必ず88年前の新聞は役にたちます。

米寿のお祝いプレゼント

米寿祝いとプレゼント

米寿祝いとプレゼント

プレゼントというのは、いつもお世話になっている方へのお歳暮のようなギフトから、家族や友達・友人への誕生日プレゼントなどなどいろいろなシーンで行うものですが、その中身についてもお花や洋服など、色々な物を用意するものです。

ただ、長寿祝いのプレゼントというとそのような日常のプレゼント・ギフトとは特別感が違ってきます。ですのでこのような長寿のお祝いをする特別なタイミングの時というのは、そういったタイミングにピッタリのユニークな物をプレゼントすることができると、喜びもひとしおだと言えるでしょう。

ちなみに長寿のお祝いである「年祝い」は、

  • 61歳(還暦)
  • 70歳(古希)
  • 77歳(喜寿)
  • 80歳(傘寿)
  • 88歳(米寿)

など、61歳からずっと10歳前後の間隔でお祝いしていくことになるのですが、今回は特に「米寿」について取り上げてみたいと思います。

「米寿」は、この漢字「米」が「八」と「十」と「八」になるので、88歳のお祝いの由来となりました。また、昔から「八」という漢字が末広がりで幸運の数とも呼ばれ縁起が良いと言われており、さらに「八十八」という数字自体を吉事としていたとも言われています。

そのことから「88歳」についても非常に縁起の良い歳「米寿」としてお祝いされています。

さて、米寿のプレゼントを用意する時に意識しておきたいことは、渡す相手の性格です。これは、プレゼント全般に言えることではありますが、米寿のプレゼントでも大事なことで、それを意識するかしないかで受け手の反応というのは変わってくるものです。

似顔絵というプレゼント

似顔絵をプレゼントして写真撮影

例えば、かわいらしい物が好きな人であれば、似顔絵をプレゼントするという手があります。米寿のお祝いとして写真撮影をしてそれを飾ることを考えている人もいるでしょうが、似顔絵というのは写真には出すことができないかわいらしさやユニークさというのがあるものです。

その似顔絵を飾っておくだけでも十分素敵ですし、似顔絵を持った状態で写真撮影をして、その写真を飾るようにするのも面白いでしょう。なお、似顔絵を手配する時には、似るまで無料で修正してくれる業者もありますから安心です。

また、単に似顔絵を描いてもらうだけでなく、メッセージや名前を入れてもらうこともできますから、特別なタイミングである米寿のお祝いにピッタリだと言えます。

とにかく一生に一度しかない「米寿のお祝い」ですので、特別感のあるものをプレゼントしてお祝いしてあげましょうね。

米寿の祖父にお祝い

米寿の祖父に徳利とお猪口

米寿の祖父に徳利とお猪口

88歳は「米寿」という「年祝い」に該当し、家族などで食事会を開いたり、プレゼントをあげたりして長寿をお祝いするのが一般的です。

「年祝い」には一番有名な「還暦」、そして「米寿」のひとつ前のお祝いである傘寿(80歳)などなど、様々な種類があります。今は超高齢化社会になり平均寿命も上がっていますが、そんな現代でも88歳というと結構な長生きですよね。

自分のおじいちゃんやおばあちゃんが88歳米寿を迎えた場合、今はネットでプレゼントを探す方も多いと思います。ネットならば自分でお店に出むく必要もないですし、商品を選ぶ幅もぐっと増えます。

インターネットでプレゼントを検索すると、実に様々なものがそろっているのですが、長寿祝いのプレゼントを選ぶ際に注意すべきは「本人が好むものをあげること」です。

もしうちのおじいちゃんはまだまだとっても元気だから日々楽しんでもらえるものを、という方には、徳利とお猪口の晩酌セットがおすすめです。

この「米寿」という特別な行事を記念した新しい徳利とお猪口で、これから気分も新たに楽しくお酒を飲んでもらい、もっと長生きしてもらいましょう

お店によっては、徳利やお猪口に長寿をお祝いするメッセージ「おじいちゃん長生きしてね」「いつもありがとう」「健康でいてね」、さらにおじいちゃんの名前などを入れてくれることもあります。

手渡す時は、実の息子娘からでもいいですし、孫やひ孫が「おじいちゃん、これからも長生きしてね」と言いながら渡せば、おじいちゃんから笑みがこぼれ、長生きの活力がわいてくること間違いなしです。

お猪口はペアにもできるので、おばあちゃんも健在なら2つセットでプレゼントすれば、仲良く一緒にお酒を楽しんでもらえます。

米寿にひ孫からのプレゼント

息子娘はもちろん、孫やひ孫のお手紙を添えてもいいでしょうし、小さなお子さんがいるなら、親御さんが手伝っておじいちゃんが美味しそうにお酒を飲んでいる絵を描かせて、その絵とともにプレゼントしても素敵なサプライズになります

プレゼントを渡したら、おじいちゃんにそれを持ってもらい、家族で記念写真を撮ると思い出の一枚ができあがりますね。

やはりこういう長寿のお祝いは、これまでのお誕生日祝いなどとは違いを出し、特別な演出をすることで、年祝いを迎える本人にとっても、周りの家族にとっても記憶に残る素敵なお祝いにすることができるのです。

ぜひ皆さんとことんこだわって、おじいちゃんを喜ばせてあげてください。

米寿お祝いに人気のプレゼント

米寿祝いのプレゼント

米寿祝いのプレゼント

88歳というと日本では「米寿」といって家族や親せきで長寿をお祝いするしきたりがあります。この際、プレゼントをあげることも通例となっています。

そもそもお祝い事ですので、プレゼントをして喜ばせたいと思われる方がほとんどだと思いますが、その「プレゼント」。何をあげたら良いのか分からないという人も多いようです。

確かにこれまでの誕生日プレゼントなどとは違い、長寿をお祝いする日本の伝統的な慣例ですので、プレゼントといっても何かこの「米寿」ならではの贈り物があるのかな?など気になる方も多いと思います。

そんなときには、米寿祝いで人気のプレゼントを選ぶのがおすすめです。

まず人気なのが、手作りのものです。例えば思い出アルバムです。祖父母の結婚式の写真や孫や親戚との思い出の写真などをオリジナルアルバムにし、表紙にお祝いしたい人の写真を飾ればオリジナル感が出ます

長寿祝いに限らず「手作りのもの」というのは心がこもっていて気持ちが伝わりやすいので、どのようなギフトシーンでも喜ばれ、しかももらった方の記憶にも残せる価値あるものですよね。

ほかには生まれた年や生まれた日の新聞などをプレゼントするのも、その日何があったのか興味を持ってくれるのではないかと思われます。これは長寿をお祝いする方が生まれた年や日の新聞をギフトにできるサービスがあり、特に名入れ酒を扱っているお店でよく見かけます。

お酒が好きな方ならそういう名入れラベルのお酒をプレゼントすればお祝いの席でも盛り上がれますよね。

インターネットで長寿祝いのプレゼントを扱う専門店などには、かなりいろいろな商品がそろっており、日本酒・焼酎・ワインなどからお酒の種類が選べたり、価格も1,000円前後から2万円以上まで幅広い価格帯のものがラインナップされています。

ぜひ「記念日新聞」や「名入れ酒」などインターネットで探してみてくださいね。またそのプレゼントに手紙を添えれば、より思い出深いお祝いになるはずですよ。

米寿祝いの思い出を

さらに、日頃から使う帽子や寒い季節に使ってもらうことのできる膝掛けなども重宝されるので、人気があります。

ほかには、元気であれば親戚などで旅行をしたり、家でお祝いした場合にはケータリングで美味しい物を食べるというのも人気です

お祝い事ですので、ケーキなどを用意すれば、場はより華やかになります。色々なプレゼントがありますが、お祝いしたい人の好みに合わせてプレゼントを選ぶことが大切です。